「三菱・グランディス」の版間の差分

 
== 概要 ==
シャリオグランディスの後継車として登場。エクステリアやインテリアなどには[[日本]]独特の[[美]]をイメージさせる[[曲線]]が多く用いられた。イメージカラーは[[フジ属|藤の花]]をイメージしたミディアムパープルメタリックであった。デザイン開発の総指揮には[[マイバッハ]]や[[富士重工業|スバル]]の[[スバル・レガシィ#2代目BD・BG型(1993年-1998年)|2代目レガシィ]]のデザイン開発に携わった同社のデザイン本部長(当時)である[[オリビエ・ブーレイ]]([[:en:Olivier Boulay|Olivier Boulay]])が参加した。なお、この車の一部は[[三菱・コルト|コルト]]および[[三菱・ランサー|6代目ランサー]](中期型)のデザインのモチーフとなっていた。パワートレーンはシャリオグランディスと排気量は変わらないものの、同時期の三菱車に搭載されていた[[ガソリン直噴エンジン|GDI]]エンジン([[三菱・4G6型エンジン|4G64型]]、DOHC)ではなく、新開発の[[MIVEC]]エンジン([[三菱・4G6型エンジン|4G69型]]、SOHC)が搭載された。装備としては、3列目座席における床下収納機能が左右独立化され、自動車で初となるタバコ臭などのニオイを吸着・分解する消臭加工をインテリア天井材に採用。メーカーオプションではグレードを問わず、エクステリアの装備やインテリアのスタイルとカラーリング、乗車定員などを自由に選択できる、コルトで先行採用されたカスタマー・フリー・チョイスが設定された。環境技術については排気ガスにおいて、国産車で3列シートを有する乗用車型3ナンバーミニバンとしては初めて超-低排出ガス(平成12年基準排出ガス75%削減)認定車種となった。
 
2003年に発表された、ダイムラー・クライスラーと共同開発した[[燃料電池]]自動車はグランディスがベースだった。[[メルセデス・ベンツ Aクラス|F-Cell]]の技術を取り入れ、[[バラード・パワー・システムズ]]製燃料電池と最高出力65kWのモーターを搭載した。しかし車両重量が2トンに及び、また水素ボンベの関係でサードシートをなくし乗車定員は5人に減少。経済産業省主導の水素燃料電池実証プロジェクト(JHFC)にも参加したが後に撤退した。
匿名利用者