「黒岩涙香」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる: zh:黑岩涙香からzh:黑岩淚香へ変更)
<!--| footnotes =-->
}}
'''黒岩 涙香'''(くろいわ るいこう、[[1862年]][[11月20日]]([[文久]]2年[[9月29日 (旧暦)|9月29日]]) - [[1920年]]([[大正]]9年)[[10月6日]])は、[[明治時代]]の知識人、[[思想家]]、[[作家]]、[[翻訳家]]、[[推理作家|探偵小説家]]、[[ジャーナリスト]]。兄は[[黒岩四方之進]]。本名は黒岩周六。黒岩涙香のほか、香骨居士、涙香小史などの筆名を用いた。号は古概、民鉄、黒岩大。あだ名はマムシの周六。[[戒名]]は黒岩院周六涙香忠天居士。
 
翻訳家、作家、記者として活動。『[[萬朝報]](よろずちょうほう)』を創刊した。
* 「[[五目並べ]]」を「[[連珠]]」と命名発展させた。禁手のない初期ルールの五目並べの必勝法を1899年に発表した。1904年に東京連珠社を設立し、段位制を制定、1910年に社長。初代永世名人であり高山互楽を名乗った。連珠本も数冊出している。
* [[競技かるた]]のルールを全国で統一した。
*名前を分解すると「黒い」「悪い」「子」になるが、黒岩は本名、涙香は愛読していた「紅涙香」に由来する。
 
== 脚注 ==
匿名利用者