メインメニューを開く

差分

→‎概要: linkなど
 
== 概要 ==
社会主義や共産主義の内部の「反スターリン主義」は、歴史的・思想的には多数の立場・潮流がある。まず[[マルクス主義]]の革命主義や[[プロレタリア独裁]]を批判する[[改良主義]]の[[社会民主主義]]や[[修正主義]]、マルクス主義の[[権威主義]]を批判する[[バクーニン]]などの[[アナキズム]]がある。次にマルクス主義の立場から[[レーニン主義]]の[[一党独裁]]や[[民族自決]]を批判する[[ローザ・ルクセンブルク]]や、[[ソ連型社会主義]]を「[[国家資本主義]]」と否定する[[左翼共産主義]]などがある([[反レーニン主義]])。そしてレーニン主義の立場から[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]の[[一国社会主義論]]を批判してソ連を「[[堕落した労働者国家]]」と批判する[[トロツキズム]]、更には[[1956年]]以降の[[スターリン批判]]などがある。
 
[[日本]]の[[新左翼]]では[[黒田寛一]]が「反スターリン主義」を掲げ、から更に[[反帝国主義・反スターリン主義]]('''反帝・反スタ''')」としてを掲げ、現在でも[[革命的共産主義者同盟 (日本)|革共同]]系である[[日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派|革マル派]]および[[革命的共産主義者同盟全国委員会|中核派]]などの基本理論となっている。
 
== アナキズムの極左的反共主義 ==
14,145

回編集