「コンパクト盤」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: xmf:EP)
[[ファイル:Compact-vinyl .JPG|thumb|17cmレコードのコンパクト盤]]
'''コンパクト盤/EP盤'''(コンパクトばん、Extended Play)とは、「[[シングル|シングルレコード]]のサイズ(17cm=7インチ)で、1分間の回転数が[[レコード|LP]]と同じ33回転(33 1/3[[rpm (単位)|rpm]])」または45回転のレコードの通称。「4曲入りEP盤」「17cm LP」とも。アメリカ、イギリスなどはEP盤はシングル盤と同じ45回転で収録さ呼ばており、33回転は日本の慣習である。したがって厳密にはEP盤とコンパクト盤は別種である。
 
EP盤とはシングル盤と同じ45回転で収録されており、アメリカやイギリスではコンパクト盤はEPが主流になるとともに廃れたが、日本ではその後も主流であった。したがって厳密にはEP盤とコンパクト盤は別種である。
 
中心部の穴の大きさはLPと同サイズである。ただしイギリスでは折り取りる事のできる中心部がつけられていた。
小さいので扱いやすいが収録時間の短い17センチ・シングル盤と、収録時間は長いが大きく比較的高価な30cm LP盤の中間に位置するもので、シングルと同じサイズながら収録時間が長いため「'''Extended Play'''」と呼ばれ、その略称がEPである。「各面に2曲 - 3曲ずつ収録した、計4 - 6曲入り」(シングルレコードは通常、各面に1曲ずつ収録)、「1曲の演奏時間の長い楽曲の収録」などの目的に用いられた。収録曲数が多いといっても「アルバム」として作成される30cm LPと異なり、片面に2 - 3曲なので実際には「お徳用」としての性格が強い商品が多かった。
 
日本のコンパクト盤は33回転のため、実質LPの内周分に当たることから、45回転やLP外周に比べて音質が劣ってしまう。一方EP盤は回転数がシングル盤と同じため、音質で勝っている
 
CD以降で「ミニ・アルバム」などと呼ばれるものも、実質的にはEPと同じである。
1,504

回編集