メインメニューを開く

差分

m
 
== 歴史 ==
*[[1885年]]  - この頃、[[岡山県立岡山朝日高等学校|岡山中学]]で東京の大学出身の教師達によって伝えられた生徒の間で野球が行われ始めた。
*[[1894年]]  - [[安部磯雄]]が岡山薬学校(1899年から[[関西高等学校|関西中学]])に野球を伝える。
*[[1895年]]  - 岡山県で最初の学生野球部が岡山薬学校に誕生。
*[[1897年]]  - 岡山中学野球部創部。
*[[1898年]]  - 岡山中学と[[岡山県立高梁高等学校|高梁中学]]が対外試合を行う。(25対21。記録に残る最初の試合)
*[[1899年]]  - 関西中学と[[岡山県立津山高等学校|津山中学]]が対外試合を行う。(28対27。)
*[[1907年]]  - 近県中等学校野球大会が[[第六高等学校 (旧制)|第六高等学校]]主催で同校グランドで開催される(岡山の参加校;岡山中、関西中、津山中、高梁中、金川中)
*[[1913年]]  - 岡山中等学校野球連盟発足、同時期に6校([[岡山県立岡山朝日高等学校|岡山一中]]、[[関西高等学校|関西中]]、[[岡山商科大学附属高等学校|吉備商]]、[[岡山黌]]、[[岡山県立岡山操山高等学校|岡山二中]]、[[岡山県立岡山東商業高等学校|岡山商]])によるリーグ戦が[[奥市公園野球場|奥市野球場]]で始まる。
*[[1913年]]  - [[第1回全国中等学校優勝野球大会|第1回選手権]]が開催され、山陽大会に関西中が参加。
*[[1921年]]  - 岡山一中が岡山県勢[[第7回全国中等学校優勝野球大会|選手権]]初出場。
*[[1924年]]  - [[第1回選抜中等学校野球大会|第1回センバツ]]開催。
*[[1948年]]  - 岡山県高等学校野球連盟発足(中等学校から改称)。
*[[1949年]]  - 関西高校が岡山県勢[[第21回選抜高等学校野球大会|センバツ]]初出場。
*[[1965年]]  - [[岡山県立岡山東商業高等学校|岡山東商]]が[[第37回選抜高等学校野球大会|センバツ]]で岡山県勢初の全国制覇を達成する。
*[[1999年]]  - [[岡山理科大学附属中学校・高等学校|岡山理大附]]が[[第81回全国高等学校野球選手権大会|夏の選手権]]にて岡山県勢初の決勝進出。
*[[2008年]]  - [[岡山県立倉敷商業高等学校|倉敷商]]が[[第90回全国高等学校野球選手権大会|選手権]]で岡山県勢春夏通算100勝を達成。
*[[2011年]]  - [[創志学園高等学校|創志学園]]が[[第83回選抜高等学校野球大会|センバツ]]に春夏通じて甲子園史上初となる創部1年目の出場。<ref>同校の現体制運営としての成立も同年である。それまでは[[ベネッセコーポレーション]]系列の'''ベル学園高等学校'''という'''女子校'''であった。そのため同校は学校設立1年目でセンバツに出場したとも言える。</ref>
 
== 地方大会での歴史 ==
|2008年||春・第80回||興譲館
|-
 
|}
 
1967年春の大会で県北唯一の甲子園出場に内定していた[[岡山県立津山商業高等学校|津山商]]が元部員の暴力により辞退し、最近では1997年夏の大会で県北初の甲子園なるかと地元で報道された[[岡山県立津山工業高等学校|津山工]]が決勝で[[岡山県立倉敷商業高等学校|倉敷商]]に敗れているなど、あと一歩のところまでいったことは幾度もある。
 
要因として北部は冬のあいだ積雪が多く練習期間が短いためと思われがちだが、ここ数十年は練習場の改善や温暖化による積雪の減少で環境によるハンデは無くなったといってよい。どちらかと言えば北部の高校は軟式野球部が多く(県の指導により1962年の岡山国体に合わせ軟式に転向した学校が多数あった。)、またサッカーやラグビーでは全国へ度々出場する強豪もいることなどから地域性の違い{{独自研究範囲|date=2013年1月|とも思われる}}
 
近年では県北初の甲子園を目指して、実績のある監督の招聘などチーム強化に乗り出している高校もある(作陽の[[角田篤敏]]など)。
|2007年||秋・中国||岡山共生||5-7||華陵||準々決勝||
|-
 
|}※元部員の暴力事件による出場辞退
 
=== 降雨ノーゲームの明暗 ===
*[[1965年]]の選抜で全国制覇を成し遂げた岡山東商は、春夏連覇を目指して選手権に出場。初戦の日大二は4-1と3点リードと、春の勢いをそのまま発揮していた。しかし5回表に降雨ノーゲームとされ、翌日の再試合では2-5で敗れてしまった。
*[[2003年]]の選手権では倉敷工が南北海道の駒大苫小牧に4回表まで0-8で、劣勢に立たされていた。しかし試合開始前から断続的に降り続いていた雨が勢いを増したため、4回裏2死一、三塁で降雨ノーゲームが宣言された。翌日の再試合で倉敷工はエース陶山が立ち直って、5-2と奇跡の勝利を手にした。この翌年から夏2連覇を達成した駒大苫小牧の原動力となった試合だと言われることもある{{誰2|date=2013年1月}}
 
=== 甲子園16強以上の成績 ===
*岡山東商……優勝1回、4強2回
*岡山理大附……準優勝1回、16強1回
*倉敷工……4: 4強4回、8強2回、16強3回
*関西……4: 4強2回、8強3回、16強3回
*岡山南……4: 4強2回、8強1回、16強2回
*倉敷商……8: 8強2回、16強1回
*岡山城東……4: 4強1回、16強1回
*玉野光南……16: 16強3回
*玉島商……4: 4強1回
*岡山一中(現岡山朝日)……8): 8強1回
 
=== 国体制覇 ===
 
=== 甲子園連続出場 ===
*全国高等学校野球選手権大会の甲子園連続出場……岡山南(1983年~1985 - 1985年)、倉敷商(2008年~2010 - 2010年)
*選抜高等学校野球大会の甲子園連続出場……関西(2005年 - 2007年)、倉敷工(1957年~1959 - 1959年)
*春夏通しての甲子園連続出場……関西(2005年春~2007 - 2007年春)
 
=== 全国大会の戦績 ===
その一方、バッターではスラッガーが少なくプロでホームランを量産した岡山県出身のバッターは関西の'''[[大杉勝男]]'''だけと言ってもよい。代打の神様と呼ばれた'''[[八木裕]]'''(岡山東商)、名三塁手でならした'''[[三宅秀史]]'''([[岡山県立倉敷鷲羽高等学校|南海高校]])や犠打の世界記録保持者である'''[[川相昌弘]]'''([[岡山県立岡山南高等学校|岡山南]])など、どちらかというと好打者が多い。'''[[佐々木誠 (野球)|佐々木誠]]'''([[岡山県立水島工業高等学校|水島工]])や'''森田和也'''([[岡山理科大学附属高等学校|岡山理大附]]1999年夏準優勝メンバー、瀬戸内のドカベンと呼ばれた、プロへは進まず)などの強打者はどちらかと言えば少数派である。
 
そのためか、全国大会においては終盤に失点を喫し敗退する高校は珍しくない。2006年の選抜などでも2回戦で関西が9回に逆転され惜敗し「もう少し得点があれば・・・」という試合が多いなど、強力な打線で勝ち上がったチームは稀である。また、上記の選手の中で甲子園を経験していない選手の方がプロで多く活躍していることも特徴{{独自研究範囲|date=2013年1月|と言えよう}}
 
== 現在活動中の野球部 ==
 
== かつて存在した野球部 ==
*[[岡山黌]] - 閑谷黌(現和気閑谷)から独立、1933年廃校
*[[川崎医科大学附属高等学校|川崎医大]] - 廃部
*[[岡山県立至道高等学校|至道]] - 落合と合併
*[[岡山県立児島高等学校|児島]] - 現倉敷鷲羽、琴浦と合併
*[[岡山県立琴浦高等学校|琴浦]] - 現倉敷鷲羽、児島と合併
*[[岡山県立鴨方高等学校|鴨方]] - 軟式に転向、野球・サッカー・ラグビー部が合併しフィールド部になる。
*[[岡山県立総社高等学校|総社]] - 軟式に転向、廃部
*[[岡山県立成羽高等学校|成羽]] - 軟式に転向、高梁工・川上農と合併(現高梁城南)
*[[岡山県立福渡高等学校|福渡]] - 軟式に転向、金川と合併(現岡山御津)
*[[岡山県立大原高等学校|大原]] - 軟式に転向、林野と合併。1963年[[第18回国民体育大会|山口国体]]優勝
*[[岡山県立岡山東商業高等学校|岡山産業]] - 岡山東(現岡山東商)と合併
*[[倉敷市立倉敷翔南高等学校|児島一]] - 現:倉敷翔南、2003年脱退・廃部
*[[岡山龍谷高等学校|黎明]] - 現:岡山龍谷、1999年加盟、2000年脱退・廃部
*[[岡山県立吉備北陵高等学校|吉備北陵]] - 軟式、平成20年高梁高校に併合
*矢掛商 - 矢掛と合併、2008年硬式野球部廃部
*高梁城南・川上 - 旧川上農、軟式野球部。2010年、川上校舎閉鎖にともない高梁校舎に併合
 
== 備考・注釈 ==
*[http://www.jhbf.or.jp/ 日本高等学校野球連盟]
*[http://www.teitsuu-baseball.com/ 全国高等学校定時制通信制軟式野球連盟]
 
 
{{高校野球}}
9,201

回編集