「三菱・グランディス」の版間の差分

*2003年5月17日-[[5月18日]] - 三菱自動車の新社屋と全国のディーラーにて、[[手塚プロダクション]]と共同企画の「[[アストロボーイ・鉄腕アトム|アトム]]・チャリティー」を開催したチャリティーでの寄付金総額は1505万4000円になった<ref>[http://media.mitsubishi-motors.com/pressrelease/j/corporate/detail47.html 三菱自動車、『アトム チャリティー』に参加]</ref><ref>[http://media.mitsubishi-motors.com/pressrelease/j/corporate/detail45.html 三菱自動車、新型『グランディス』成約イベントで5,018台受注]</ref>。
*[[2004年]][[5月25日]] - 欧州仕様のボディ剛性強化と専用サスペンションを搭載した'''Sport-E'''を追加、同時にTCL/ASCの装備(スポーツEは標準装備、他グレードは全車メーカーオプション)、ボディカラー一部変更等の一部改良を実施。
*[[2005年]][[5月24日]] - インテリアやエクステリアデザイン、装備、メカニズム、グレード名などの見直しをした大規模なマイナーチェンジを実施。エクステリアはフロントグリルが、インテリアはカラーリングが一新された。グレードの名称は、スポーツ-E、スポーツ-X、スポーツ-Eグレードはスポーツ-Eに一本化され、エレガンス-Xはエクシード-X、エレガンス-Xはエクシード-Xへ、スタンダードはMXとなった。SUV風モデルのSPORT GEAR(スポーツギア)を追加。
*[[2007年]][[7月4日]] - 一部改良。カーナビゲーションのメディアがDVDからHDDに切り替えられ、グレードの名称がエクシード-XはGへ、エクシードはMへ、MXはSとなり、スポーツギアはこれまでの単一グレードから、スポーツギアG(上位グレード)・スポーツギアM(標準グレード)・スポーツギアS(廉価グレード)に分割変更された。
*[[2009年]][[3月]] - 日本市場での販売を終了。これにより、シャリオ、同グランディスも含めて通算26年の歴史に幕を閉じる。好評な国外向けへは生産を継続。
*[[2011年]] - 生産終了。
匿名利用者