「サウンドカード」の版間の差分

音源の変遷
m (ロボットによる 追加: jv:Kertu suara)
(音源の変遷)
== 音源の変遷 ==
[[File:Mockingboard V1.jpg|thumb|初期のサウンドカード例 Apple Ⅱ用 Mockingboard V1]]
[[パーソナルコンピュータ]]の最初期には音声が出ないか、あっても[[ビープ音]]のみという環境であった。そこで、パーソナルコンピュータに音楽を奏でる機能を持たせるため、サウンドカードが発売された。ごく初期のものでは[[Apple II]]の Mockingboard が有名で、[[Programmable Sound Generator|PSG]]音源を搭載していた。その後登場した家庭用パーソナルコンピュータの多くは標準的音源が内蔵されるようになったため、以降はサウンドカードは(当初は家庭用途を想定していなかった)NEC [[PC-9800シリーズ]]や[[PC/AT互換機]]用のものが中心となる。これらの機種用のサウンドカードは、より豊かな音色を出力することのできる[[FM音源]]を使用するものがまず主流となった(Ad Lib社のサウンドカードやNEC PC-9801-26等)。やがてゲームのBGMなどで[[MIDI]]が用いられるようになると、MIDI信号を受けてFM音源を発音させる、MIDI[[音源モジュール]]を搭載するサウンドMIDIカード上に実装したものが登場した([[ローランド]]のLAPC-I等)
 
1990年代になると、FM音源に加えて[[PCM]]で音声や音楽を扱える [[Microsoft Windows]] が普及し始めると、それらを再生する目的でを行うPCM[[デコード|デコーダー]]が搭載された。また及び音声を録音する機能を担うためPCM[[エンコード|エンコーダー]]搭載されたサウンドカードが登場する(Creative [[Sound Blaster]]やNEC PC-9801-86等)。この時点でサウンドカードは、パーソナルコンピュータに音源を付加することに加え、音声入出力機能を拡張するものとなった。廉価なものでまた、Sound BlasterPCMエンコーダー/デコーダMIDIカドとして機能搭載ておりMIDI音源モジュールを搭載しないもWave Blaster等も現れた。またPCMデコボード搭載した接続することもあって、MIDI音源モジュールの発音方式はFM音源からよりリアルな音質の[[PCMMIDI音源]]に代わっとしいっも利用することができた。
 
この時期に使用されていたサウンドカードの多くは[[ジョイスティック]]を接続するための[[インタフェース (情報技術)|インタフェース]]を備えている。特に、Sound Blasterではジョイスティック接続のための[[ゲームポート]]が、MIDIコネクタと兼用となっていた。
Microsoft Windows が広く普及した2011年現在では、ゲームBGM再生もMIDIに代えPCMが使われており、サウンドカード上のMIDI音源モジュールは需要が薄れたため、これを搭載しないサウンドカードが主流となった。
 
Microsoft Windows が広く普及した2011年現在では、FM音源を利用することはほとんどなくなり、ゲームBGM再生もMIDIに代えPCMが使われておるようにな、また、MIDI音源のエミュレーションを十分に行えるだけの処理能力をPCが有するようになった。そのため、サウンドカード上のFM音源やMIDI音源モジュールは需要が薄れたため、これを搭載しないサウンドカードが主流となった。
MIDI音源モジュールを搭載するものではMIDI[[インタフェース (情報技術)|インタフェース]]と[[ジョイスティック]]兼用の[[ゲームポート]]が設けられているものも多く見られたが、どちらも[[Universal Serial Bus|USB]]で接続できるようになったため、ゲームポート搭載製品も減りつつある。
 
また、MIDI音源モジュールを搭載するものではMIDI[[インタフェース (情報技術)|インタフェース]]と[[機器やジョイスティック]]兼用の[[ゲームポート]]が設けられているものも多く見られたが、どちらも[[Universal Serial Bus|USB]]で接続できるようになったため、ゲームポート搭載製品も減りつつある。
 
== 多チャンネル出力 ==
120

回編集