「SAT (大学進学適性試験)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
== 概要 ==
アメリカ合衆国の学校制度では高校卒業までが義務教育期間である。しかし高校間の格差は大きいうえよって学力に差がありその成績評価基準も学校によって重み付けされ異なので、ため大学受験で高校の成績のみで合否重視判定するわけにこといかできない。そこで4,500校余りの高等教育機関からなる大学評議会が、全国的に同時に実施される標準テストを実施し、そのスコアで生徒の大学受験の合否を決定することになった。SATは現在アメリカ国内採用さ一番広く大学受験に使わ続けている全米標準テストはこのSAT と ACT の二つである。
 
誰がどの大学で学問を修める学力があるかどうかを判定し、合否の基準にする目的で[[1901年]]に導入され、何度か大幅な改定がなされてきた。またそれに伴い呼称も変わっている。試験は1年間に7回実施され、繰り返し受験することが可能である。
20

回編集