「三塁手」の版間の差分

主に処理するのは三塁線寄りの打球から遊撃手前方への打球、三塁周辺から本塁近くまでのファウルゾーンを含めた浅いフライである。遊撃手方向への緩い打球は、三塁手の方が打球に近いため、前進してこれを捕球をすることが多い。投手の守備負担を減らす目的もあって、投手が捕球できる範囲の打球を三塁手に任せられることがある。また三塁後方の浅いフライは、遊撃手の方がサイドから打球を見て追うことができ、落下点が推測しやすいため、遊撃手に任せられることが多い。
 
球足の速い打球が多く飛んでくることもあり、肩の弱い選手でも守備位置をやや前に出すことで三塁守備打者走者こな[[フォースプレイ|封殺]]ことが出来る。逆に遊撃手ができる程度の肩を持った三塁手の場合、守備位置を下げることで守備範囲を広げることができる。また、右投げ・左投げいずれも存在する一塁の選とは違いに比べ、打球処理捕球後都合一塁送球の動作に少しばり時間がかかるため、左投げの三塁手はほとんど存在しない。
 
他の内野守備位置に比べると連携やカットプレーが少なく、三塁付近を離れることが少ないため、複雑な動作を求められることは少ない。また、一般的に守備の体力負担が少ないと言われる[[一塁手]]や[[外野手]]に比べても、走者が三塁にいること自体が比較的少ないために牽制によるベースカバーの動きも少なく、守備の負担はそれほど多くないポジションである。そのため日本のプロ野球では内野、強打者ではあるが守備のそれほどうまくない右利きの強打者は内野手が三塁を守ることが多い。また、三塁を守らせることで試合中の意識を守備よりも打撃により集中させる狙いもある。
 
また、日本のプロ野球では[[長嶋茂雄]]の活躍に印象付けられたせいか、チームを代表する強打者が守る、花形のポジションというイメージが強い。一方で、[[メジャーリーグベースボール|メジャーリーグ]]では日本ほど該当する選手の数は多くないが、「三塁手は強打者」というイメージ自体は日本同様に存在している。
 
==脚注==
45

回編集