メインメニューを開く

差分

m
→‎背景: イタリア国王と誤読なきため
{{main|シチリアの晩祷}}
<!---More background is probably necessary to explain the complex situation which existed in the Mediterranean at the time, i.e. Byzantines, Latin Empire, Treaty of Viterbo, papacy, Aragonese, etc.--->
[[シチリア]]は、[[12世紀]]初頭に[[ルッジェーロ2世]]がイタリア本土の豪族を撃破して[[ローマ教皇]]によってシチリア[[ナポリとシチリアの君主一覧|国王]]に選出されて以来、[[南イタリア]]をも含んだ[[シチリア王国]]の一部を成していた。その統治は[[神聖ローマ皇帝]]をも兼ねた[[フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)|フェデリーコ2世(フリードリヒ2世)]]によって引き継がれたものの、その庶子である[[マンフレーディ]]は[[1266年]]に[[カルロ1世 (シチリア王)|アンジュー伯シャルル・ダンジュー]]率いる[[フランス王国|フランス]]の侵略を受けて追われた。フランスによる統治は時期に抑圧的で残酷な要素を帯びるようになった。
 
[[:en:Easter Monday|復活最後の月曜日]]である[[1282年]] [[3月30日]]、パレルモ郊外に位置する[[:it:Chiesa del Santo Spirito|聖霊教会]]にて夕べの祈り([[晩課]])の際にシチリア人女性が[[フランス人]]男性から嫌がらせを受けた。嫌がらせの内実は如何なる物だったのか、そのシチリア人女性とフランス人男性は誰だったかについては報告によって異なる。
1,157

回編集