「学者」の版間の差分

→‎概要: WP:NORWP:V除去 演説 2007年10月から数年間放置 
(要出典から数年経過 WP:NOR除去 10回登場する「多い」に統計など裏付け無し)
(→‎概要: WP:NORWP:V除去 演説 2007年10月から数年間放置 )
タグ: サイズの大幅な増減
{{出典の明記|date=2007年10月}}
'''学者'''(がくしゃ)とは、何らかの[[学問]]の[[研究]]や[[教授]]を専門職とする[[人]]、およびその[[職業]]人の総称である。'''研究者'''(けんきゅうしゃ)とも言う。学問の[[専門家]]。
 
== 概要 ==
学者とは、[[大学]]の専任教員、[[研究機関]]や[[研究所]]の専属研究員、[[博物館]]の専属[[学芸員]]といった職業研究者を指す。理系の場合には、世界的に見て[[博士]]が必要条件であることが多い([[アングロサクソン]]文化では、研究職にあっても[[修士]]は、研究補助員としか見なしてくれない)。また、特定の[[大学]]や[[研究所]]に専任または常勤ポストを持たず、非常勤やパートのような形態で勤務する場合は、一般的に研究者とはみなさない。このため、他に職業を持ちながら自分で研究活動を行う'''研究家'''(けんきゅうか)も狭義には'''学者'''(がくしゃ)とは区別するべきである。
 
学者は、研究活動の成果を定期的に[[学会]]で発表を行うと言う印象が世間一般では通っているようである。例えば創作中のいわゆる[[マッドサイエンティスト]]は、「学会で発表したものが認められなかったから」といったなりゆきが語られることが多い。しかし、これは必ずしも正しくなく、なかなか発表を行わない学者も存在する。ちなみに、「学会で発表」というと、学者が集まった会でみんなの前で[[演説]]する印象があるが、具体的な発表の形としては、ブラインドレビューシステムにおける[[査読]]を経た学術[[論文]]の出版が唯一の正当なものであり、口頭発表やポスター発表などは後に論文の形で出版されない限りは正式のものとは認められない。また、マスコミを介した発表や個人のブログやホームページ等を用いた発表も正式なものではない。大学などで発行される[[紀要]]等も[[査読]]を課さないものが多く、分野によっては学術[[論文]]とはみなさないことがある。
 
学者の格というのは、例外もあるが、世界的に見て[[論文]](分野によっては特に英語で書かれた[[査読]]付きフルペーパー)の質と数で決まると言っても過言ではない。学者としての一つの称号である博士を取得するには、大学によるが、通常3本以上の査読付き論文を必要とし、その後のポスト探しにおいても論文数が重要な要素となる。この評価方式であるため、ある意味、研究能力(論文数)に応じて平等とも言えるが、その生き残りは非常に困難である。本制度は、論文の書きにくいテーマを選んだ人に不利で、さらには他の面(人格、社会貢献や教育貢献)が評価の対象に上がり難く、この弊害が長年指摘され続けていた。
 
なお、学者の縦の繋がりは強いが、横の繋がりは少なく、分野が違うと顔見知りもおらず、またその分野独特のしきたりも違う。また各々の学者は、自分の専門外の分野に関しては全くの素人と言っても過言でない。このことより蛸壺的な村社会であるとの指摘がある{{要出典|date=2007年12月}}。
=== 学術論文 ===
学術[[論文]]を書くということは、まず文献データベースにより[[先行研究]]の調査を行うことから始まる。その後、テーマと[[仮説]]等を立て、[[実験]]・理論検討等を経て研究成果を書き上げる。次に、その原稿を[[学術雑誌]]に投稿し、原稿は2人以上の査読者の査読がかけられる。この査読は、新規性や文章構成等細かいチェックが入る。通常は1回はリジェクトされることが多い。査読にパスすると晴れて論文となり、学会誌に掲載される。この一連の流れには、およそ1年を要する。このため、平均的な学者は年に1本の論文生産となる。査読期間中に別論文を書く等で年2本以上の論文を書き上げることは不可能ではないが、相当の労力を必要とする。もっとも、分野によっては一つの研究で複数の論文を仕上げるから、この限りではない。
 
この労力より、博士課程とは通常3年であるが、3年で3本の論文を書いて更に[[公聴会]]等をこなすのは困難であり、修士時代に少なくとも1本の論文を書いていなければストレートに博士号を取ることは難しい。このことより、最近日本の一部の大学では、博士号取得に必要な論文数を減らしているケースもある。どの程度緩和されているかについては、専攻間に格差があり、同じ大学であっても、専攻によって異なる。また、アクセプトの期限(公聴会までに全てアクセプトされていなければダメなのか、修了日までにアクセプトされればよいか等)、長さ(フル/レター)等に制限がある場合もある(3本中少なくとも1本はフルペーパーであること等)。
 
また[[准教授]]や[[教授]]の募集においても、建前として募集者の中で最も論文数の多い学者が選ばれるため、場合にもよるがおよそ20本以上の論文を書き上げる必要があり、その困難さが伺い知れる。ただし、高位のポストの学者は部下や同僚が連名者として名前を入れるため、自動的に論文数が増えることになり、この点で有利となる。
 
なお、これらの論文を書くという能力は答えのない分野を開拓することであり、暗記といった受験の能力とは別で、学校の成績の良かった者が必ずしも論文を書けるわけではない。また学者は論文執筆能力は高いが、[[職業教育]]を受けた人は少ないためそれ以外の能力は必ずしも高いわけではない{{要出典|date=2007年12月}}。
学術論文と同様に、研究活動の成果として著書を執筆する研究者も多い。しかしながら、著書のほとんどは査読を経る必要がない。自費出版で書籍を出版することもできるため、学者の評価としては適切であるとは言えない。
<!--(下記は余計か...)学者でかつ[[技術者]]でもあるという人は少なく、例えば[[ロボット]]学者という場合も、単純にロボット製作だけを見るならば、[[工業高校]]の生徒の方が能力の高い場合が多い。-->
<!--(負の印象を持つ記述は余計でした。しかし表現がポジティブになれば、残っても良いかとも思うのですが)
=== 論文問題 ===
上記で説明したように、学者の格やポストは基本的に論文数で決まるため、論文の貢献者の帰属問題が発生する。論文の筆頭者は、論文を1本とカウントされ、連名者(2番目以降の筆者)はおよそ0.5本と数えられるためである。ここで、アイディアを出したもの、実際に実験を行った者、研究指導者、執筆した者の誰が筆頭者になるかが度々問題になる。これらの貢献度は主観によるものなので、度々論文の連名者、筆頭者を誰にするかで非常にもめることがある。また論文数を増やすことにやっきになって、[[捏造]]を行う者も度々現れ、問題になることがある(ただし、どこまでを捏造と言うかは境界が曖昧でもある。例えば異常値の除外)。また、投稿する学会にも格があり、同好会的な学会から査読の厳しい権威の有る学会まであり、単純に1本とカウントするのは良くないとの声もある。-->
 
=== 賞 ===
各学会は、学会への貢献者や優れた論文に対して賞を与える。また、世間で有名な[[ノーベル賞]]や[[フィールズ賞]]といった賞、行政や財団が与える賞がある。これらの賞は、論文とは別の、一つの学者の格になっている。<!--(負の印象の記述は良くありませんでした)しかし、学会の賞は、学会の人間関係で決まり易く、特定者の持ち回り賞にすぎないとの指摘もある。
 
=== 人間関係とアカデミックハラスメント ===
学者は大学や研究所に勤務することが多く、そこは少人数でメンバーが固定されやすい。そのため、一度人間関係が悪くなると非常に居づらくなる。また、そのボス(教授や室長)は絶対的権力を持っている場合があり、上位ポストに実質逆らえない状態ということが起こる。
実際に、上位ポストの者が、その権力を濫用する(いわゆるアカデミックハラスメント)ケースが問題になっている。
-->
 
=== 待遇 ===<!--(下記は、マニアックでした。しかし、そのようなことは時折指摘されており、取り敢えず残しておきます。偏った印象があると思われたら削除して下さい。)-->
学者の待遇は所属機関によって差がある。社会的地位は特に欧米で高い。<!--しかし、20代後半は、元同級生が[[就職]]し、はぶりが良くなっている状況にも関わらず、自分が下積みを続けているという精神的プレッシャーが個人差こそあれ大きい。
 
またこれらの職は、任期付きのポストもあったり、上司([[准教授]]、[[教授]])と歳が近い場合なかなか昇格しない。定年まで助手や講師のままという「万年助手」「万年講師」が存在する。--><!--(少々マニアックでした。文系や農、医、薬学部については判らないので書いていません。)
 
=== 学者の人生 ===
理系の場合には、まず博士を取得することがスタートと言っても過言ではない。この博士を取得するまでに、その大半は精神的、経済的面、もしくは論文数が不足することによりドロップアウト(諦めて普通のサラリーマンとなったり、予備校の先生になったり、失踪)することになる。次の問題としては、学者としての職を見つけることである。これは、博士の数と研究職の数のバランスが取れておらず非常に困難である(戦後発生した[[オーバードクター]]問題)。ここでも相当の人がドロップアウトすることになる。なお、テーマを変える人もいるが、特定の専門分野の公募は、その専門に特化した論文のみをカウントし、また専門という非常に狭い範囲で分野を少しでも変わると、前述したように文化も何も違うためゼロからのスタートとなり、不利となる。学者が研究職以外に転職する場合には、普通の職は高い専門性が必要で無い場合があり、その場合には賃金の安い新卒の方が有利となる。高い専門性の職の場合には、その道で現場経験の長い人が雇われる。そのため、転職はまず失敗することが多い。
 
分野にもよるが、その成果である論文は世の中に役に立つものは100に1、2といったものであり、またその場合も研究が終了してから10年以上経たものか、または本人の死後に注目されるものが多い。
 
* [[工学部]]出身の場合
: 大学に残る場合と、研究所に就職する場合の大まかに二つに分かれる。大学に残った場合には30歳ぐらいまでに博士号を取り、出身大学ないし他大学の助手→准教授→教授と昇格していく。また、昇格の要件としての論文数が上昇する傾向にあり、それに伴い昇格する年齢は年々上がっている。なお、大学には研究型と教育型の大学と二通りあり、両者の研究費は桁が違い、研究型大学の方が研究の面で優遇されている。
: 日本では、大学以外の研究所に就職した場合には、働きながら博士号を取得し、その後准教授や教授として大学に転職するケースが多い。博士号を取れなかった場合には、いずれその職を追われることが多い。博士号を取得したとしても、そのまま研究所に残った場合には、いずれポストが一つの所長の座を巡る椅子取りゲームに強制参加させられ、負けた者もまた追われることになる。更には、所長になれたとしても、定年後には大学教授に赴任するケースが多い。余談であるが、教授や所長は、管理や指導は行うが、研究を行っている者は少ない。
: 一部には[[官僚]]([[技官]])や技術者を経て学者になる人もいる。
* [[理学部]]出身の場合
: 理学部も工学部と同様の事情となっているが、就職という面(新設大学は工学部が多く、また研究所職員募集も工学部に募集がかかる場合が多い)では工学部ほど恵まれていないことにより、ポスト競争は工学部より激しくなり、大学職員も比較的高年齢化する傾向にある。またオーバードクターも、単純な数では工学部の方が上だが、比率という意味では工学部より深刻となっている。工学の方がポストを得易いことにより、工学に分野を変更する者もいる。
-->
 
== 一覧 ==
36,732

回編集