「リチャード・ブローティガン」の版間の差分

編集の要約なし
かなり飛躍した比喩を用い、深い心理描写を故意に欠いた文体で独特の幻想世界を築く。[[アメリカン・ドリーム]]から遠く隔たった、どちらかと言えば落伍者的、社会的弱者風の人々の孤立した生活を掬う。
 
日本では[[翻訳家]]の[[藤本和子]]がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも[[村上春樹]]、[[高橋源一郎]]、[[小川洋子]]といった面々が影響を受けている。
 
[[村上春樹]]、[[小川洋子]]、[[高橋源一郎]]といった数多くの作家に影響を与えた。
 
[[1984年]][[10月25日]]、[[カリフォルニア州]][[ボリナス]]の自宅で[[ピストル]][[自殺]]しているのが発見された。正確な死亡日時は不明であるが、[[9月14日]]ではないかと推測されている。
* 『アメリカの鱒釣り』(藤本和子訳) ''Trout Fishing in America'' ([[1967年]])
* 『西瓜糖の日々』(藤本和子訳) ''In Watermelon Sugar'' ([[1968年]])
* 『芝生の復讐』(藤本和子訳) ''Revenge of the Lawn'' ([[1971年]])
* 『愛のゆくえ』([[青木日出夫]]訳) ''The Abortion: An Historical Romance 1966'' ([[1971年]])
* 『芝生の復讐』(藤本和子訳) ''Revenge of the Lawn'' ([[1971年]])
* 『ホークライン家の怪物』(藤本和子訳) ''The Hawkline Monster: A Gothic Western'' ([[1974年]])
* 『鳥の神殿』(藤本和子訳) ''Willard and His Bowling Trophies: A Perverse Mystery'' ([[1975年]])