「松平張忠」の版間の差分

編集の要約なし
また、[[大永]]6年([[1526年]]) - 大永7年([[1527年]])頃作成と思われる三州桑子妙源寺の「松平一門家臣奉加帳写」に「松平右京亮」と署名した人物も張忠であると推定されている<ref>下記参考文献の1、「3 清康期の松平家」257 - 259頁において、この奉加帳の「松平右京亮」の朱書傍注に「親盛」とあるが、[[平野明夫]]は張忠が正しいと結論付けている。この奉加帳に於いて「松平右京亮」は銭千匹(10貫文)を寄進しており、[[桜井松平家|桜井]]の[[松平親房|松平随身斎]](親房)・同[[松平信定|松平与一信定]]と共に宗家の松平道閲(長親)・[[松平信忠|信忠]]の2千匹に次いでいる。</ref>。
 
[[享禄]]4年10月17日([[1531年]]11月25日)付け[[寄進]]状でその頃までに張忠が得た分領の内、桑子妙源寺に対して在所の宮石名等の妙源寺永代[[不入の権 (日本)|不入]]であった分を改めて寄進したとする内容が伝わる。同寄進状には嫡子とされる[[松平康忠 (矢田家)|甚六郎康忠]]が連署している。なお、この寄進地は張忠没後も天文19年6月10日(新暦[[1540年]]7月13日)発給[[松平忠吉 (甚次郎戦国時代)|松平甚次郎忠吉]]寄進状、天正6年9月28日(1578年10月28日)付け[[松平家忠 (東条松平家)|松平甚太郎家忠]]・松平周防守([[松平康親|康親]])連署寄進状にて各々、妙源寺に受け継がれたことが知られる<ref>参考文献の2、936頁、「六四 松平忠吉畠地寄進状」。および同939頁、「七三 松平家忠・同忠次連署田畠寄進状」。</ref>。
 
家名の矢田は明確な由来の記述は未詳であるが、[[天文 (元号)|天文]]9年([[1540年]])に[[安城合戦#第一次安城合戦|安城合戦]]で戦死した伝承がある嫡子の甚六郎康忠は[[幡豆郡]]吉良庄上矢田(現在の[[愛知県]][[幡豆郡]][[吉良町]]上矢田)の[[桂岩寺]]の中興開基とされる。同寺前に康忠の墳墓と伝える矢田地蔵もあったとされ、由緒を窺わせる<ref>下記参考文献の3、吉良町「上矢田桂岩寺」の項。</ref>。