「スラヴァ (セルビア正教会の習慣)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
スラバは翻訳すると”称賛”という意味である。
 
スラバは[[守護聖人]]を称えるため、就いている職業によって称える聖人が違う。そのため、各々の家族が別々に自分の職の聖人を祝う(もちろん、複数の職業が同一の聖人と重なることもある)。スラバは父から息子へ受け継がれ、それぞれの家族が一同に集まってスラバを祝う。また、一部の家族は自分の聖人とは別の聖人を限られた範囲で祝うことがある(例えば、妻が唯一の直系家族で、彼女がスラバを祝わないとその家族のスラバが絶えてしまうときなど)。そのスラバを小スラバ、もしくは前スラバと呼ぶ。息子家族が遠く離れた土地に住んでいる場合、父親の許可を得て父親家族と同じ日にスラバを祝うが、家長である父親が生きている間は父親の家でスラバを祝うのが普通である
 
スラバの前の1週間は、スラバの日に[[聖餐式]]を受けるため家族で[[断食]]をする。その間にスラバのための豪華な食事が用意される。その食事の中にはスラブスキ・コラック(スラブ語:slavski kolač)と[[コルジボ]](スラブ語:koljivo)がある。スラブスキ・コラックは翻訳すると、スラバ・ケーキである。[[ケーキ]]とあるがほとんど[[パン]]である。スラブスキ・コラックの上には十字と平和の鳩と一家の聖人に関係があるシンボルを描くのが普通である。
 
 
396

回編集