「アルデバラン」の版間の差分

冒頭の表記を統一、など
(→‎特徴: ヒッパルコス衛星が観測したのは年周視差で、最新の値はsimbadに記載されており、それを元に計算するのが最新で正確。他テンプレと重複する記述の除去)
(冒頭の表記を統一、など)
}}
 
'''アルデバラン'''(Aldebaran)は、'''おうし座α星'''、[[おうし座]]で最も明るい[[恒星]]で全天21の1等星の1つ。[[冬のダイヤモンド]]を形成する恒星の1つでもある。
'''アルデバラン'''は[[おうし座]]にある[[恒星]]である。[[視等級]]は0.85等と表記する資料が多いが、[[変光星]]であり、肉眼で変光を確認するのは難しい。しかし、光電測光を用いなくても写真観測で僅かに変光するのが分かる。[[ヨハン・バイエル|バイエル]]符号はおうし座α星、[[ジョン・フラムスティード|フラムスティード]]番号はおうし座87番星。学名はα Tauri(略称はαTau)。
 
== 名称概要 ==
[[ファイル:Aldebaran-Sun comparison-enna obloze.svgpng|thumb|leftnone|200px|アルデバランと太陽比較位置]]
[[ベラトリックス|オリオン座γ星]]から[[プレアデス星団]]の中間に位置する。オリオン座の真ん中に並んでいる3つの星を、東から西(北半球では、左から右)に結んで延長していくと、最初に突き当たる明るい星がアルデバランである。
アルデバラン(Aldebaran)という名前は、[[アラビア語]]のアッ・ダバラーン({{lang|ar|الدبران}} ; {{unicode|ad-dabarān}}、ad は定冠詞 al の連接形)に由来する。これは、「後に続くもの」という意味であり、アルデバランが東の[[地平線]]から昇ってくるときに、[[プレアデス星団]]の後に続いて昇ってくることからの命名である。また、コル・タウリ({{lang|la|Cor Tauri}})という名前もあり、これは[[ラテン語]]で「牡牛の心臓」という意味である。アルデバランは心臓に当たる場所にあるわけではないが、アルデバランのオレンジ色が心臓を連想させたのだろう。[[英語]]では、ブルズ・アイ({{lang|en|Bull's Eye}})「牡牛の目」と呼ばれる。日本にも、後星(あとぼし)、統星の後星(すばるのあとぼし)、統星の尾の星などという、アラビア語と同じ発想の名前が見られる。また、赤星という、色に着目した名前もある。
 
アルデバランは、明るい恒星が多い冬の星座の中にある。[[カペラ (恒星)|カペラ]]、[[ポルックス (恒星)|ポルックス]]、[[プロキオン]]、[[シリウス]]、[[リゲル]]、アルデバランを結んだものを、冬のダイヤモンドという。[[ベラトリックス|オリオン座γ星]]から[[プレアデス星団]]の中間に位置する。オリオン座の真ん中に並んでいる3つの星を、東から西(北半球では、左から右)に結んで延長していくと、最初に突き当たる明るい星がアルデバランである。[[北半球]]の中緯度地域では、[[12月]]上旬頃には、ほぼ一晩中アルデバランを観察することができる。また、春の夕方や、秋の明け方にも見えることができる。[[黄道]]のすぐそばにあるため、毎年[[5月]]下旬から[[6月]]上旬には太陽がすぐそばを通り、この頃は地上からは全く観測することができない。同じように、惑星や月も頻繁にそばを通過する。時には月に隠されてしまう([[星食]])こともある。1等星のなかで、月に隠されることがある恒星は、他に[[レグルス]]、[[スピカ]]、[[アンタレス]]がある。
== 位置 ==
 
[[ファイル:Aldebaran na obloze.png|thumb|left|200px|アルデバランの位置]]
アルデバランの周囲には、地球に比較的近い[[星団]]である[[ヒアデス星団]]がV字型に広がって見え、アルデバランもそれに属するように見える。[[双眼鏡]]でアルデバランを見ると、周囲にたくさんの星が輝いていて大変美しい。しかし、ヒアデス星団は地球から151光年離れており、アルデバランの2倍以上遠い。実際には、アルデバランは独立した恒星である。
アルデバランは、明るい恒星が多い冬の星座の中にある。[[カペラ (恒星)|カペラ]]、[[ポルックス (恒星)|ポルックス]]、[[プロキオン]]、[[シリウス]]、[[リゲル]]、アルデバランを結んだものを、冬のダイヤモンドという。[[ベラトリックス|オリオン座γ星]]から[[プレアデス星団]]の中間に位置する。オリオン座の真ん中に並んでいる3つの星を、東から西(北半球では、左から右)に結んで延長していくと、最初に突き当たる明るい星がアルデバランである。[[北半球]]の中緯度地域では、[[12月]]上旬頃には、ほぼ一晩中アルデバランを観察することができる。また、春の夕方や、秋の明け方にも見えることができる。[[黄道]]のすぐそばにあるため、毎年[[5月]]下旬から[[6月]]上旬には太陽がすぐそばを通り、この頃は地上からは全く観測することができない。同じように、惑星や月も頻繁にそばを通過する。時には月に隠されてしまう([[星食]])こともある。1等星のなかで、月に隠されることがある恒星は、他に[[レグルス]]、[[スピカ]]、[[アンタレス]]がある。
 
[[占星術]]では、アルデバランは富と幸福の前兆となる幸運の星だと考えられてきた。[[ペルシア]]人にとっては、[[紀元前3000年]]頃から、[[アンタレス]]、[[フォーマルハウト]]、[[レグルス]]と並んで、ロイヤル・スター(王家の星)の1つだった。<!-- Stregheria について未訳 -->
 
== 特徴 ==
'''アルデバラン'''は[[おうし座]]にある[[恒星]]である。[[視等級]]は0.85等と表記する資料が多いが、[[変光星]]であり、肉眼で変光を確認するのは難しい。しかし、光電測光を用いなくても写真観測で僅かに変光するのが分かる。[[ヨハン・バイエル|バイエル]]符号はおうし座&alpha;星、[[ジョン・フラムスティード|フラムスティード]]番号はおうし座87番星。学名は&alpha; Tauri(略称は&alpha;Tau)
 
[[ファイル:Aldebaran-Sun na oblozecomparison-en.pngsvg|thumb|leftnone|200px|アルデバランと太陽位置比較]]
アルデバランがオレンジ色をしているのは、[[核融合]]の燃料となる[[水素]]を使い果たして[[主系列星]]から[[赤色巨星]]に移行しているからであり、現在は[[ヘリウム]]を核融合させている段階である。LB型の[[脈動変光星]]であり、0.75等から0.95等までわずかに明るさを変える。
 
[[二重星]]でもあり、13.5等級の小さな[[赤色矮星]]が主星から数百[[天文単位|AU]]のところを回っていて、地上から見ると31[[秒 (角度)|秒]]角離れて見える。[[1997年]]には、巨大な[[惑星]]か小さな[[褐色矮星]]を持っている可能性が報告された。[[質量]]は最小で[[木星]]の11倍であり、アルデバランから1.35AUの軌道を回っている。
 
アルデバランの周囲には、地球に比較的近い[[星団]]である[[ヒアデス星団]]がV字型に広がって見え、アルデバランもそれに属するように見える。[[双眼鏡]]でアルデバランを見ると、周囲にたくさんの星が輝いていて大変美しい。しかし、ヒアデス星団は地球から151光年離れており、アルデバランの2倍以上遠い。実際には、アルデバランは独立した恒星である。
 
アルデバランは、[[固有運動]]が比較的大きい星である。[[1718年]]、[[アテネ]]で[[509年]]にアルデバランの星食が起こったという記録を調べていた[[エドモンド・ハレー]]は、彼の時代のアルデバランの位置では星食は起こらず、当時のアルデバランは数[[分 (角度)|分]]角だけ北にずれていたはずだということに気づいた。現在では、アルデバランは、1年間に0.2秒角の速度で南南東に動いており、秒速54kmで[[太陽系]]から遠ざかっていることが分かっている。
初めて太陽系を離脱し、外宇宙に旅立ったアメリカの木星無人探査船・[[パイオニア10号]]は、現在このアルデバランを目指して飛行中である。アルデバラン付近に到達するのは、今から約200万年後と推定されている。
 
== 信仰名称 ==
学名は&alpha; Tauri(略称は&alpha;Tau)。
[[占星術]]では、アルデバランは富と幸福の前兆となる幸運の星だと考えられてきた。[[ペルシア]]人にとっては、[[紀元前3000年]]頃から、[[アンタレス]]、[[フォーマルハウト]]、[[レグルス]]と並んで、ロイヤル・スター(王家の星)の1つだった。<!-- Stregheria について未訳 -->
アルデバラン(Aldebaran)という名前は、[[アラビア語]]のアッ・ダバラーン({{lang|ar|الدبران}} ; {{unicode|ad-dabarān}}、ad は定冠詞 al の連接形)に由来する。これは、「後に続くもの」という意味であり、アルデバランが東の[[地平線]]から昇ってくるときに、[[プレアデス星団]]の後に続いて昇ってくることからの命名である。また、コル・タウリ({{lang|la|Cor Tauri}})という名前もあり、これは[[ラテン語]]で「牡牛の心臓」という意味である。アルデバランは心臓に当たる場所にあるわけではないが、アルデバランのオレンジ色が心臓を連想させたのだろう。[[英語]]では、ブルズ・アイ({{lang|en|Bull's Eye}})「牡牛の目」と呼ばれる。日本にも、後星(あとぼし)、統星の後星(すばるのあとぼし)、統星の尾の星などという、アラビア語と同じ発想の名前が見られる。また、赤星という、色に着目した名前もある。
 
== 脚注 ==
20,374

回編集