「ミーカ」の版間の差分

 
2006年に初シングルの『リラックス(テイク・イット・イージー)』をネット上で発表すると一躍人気を集め、翌年の初めには、その年の有望新人としてBBC等で大きく取り上げられるようになった。その直後に発売された『グレース・ケリー』はイギリスのシングルチャート1位を獲得、同年2月に発売されたデビューアルバムの『ライフ・イン・カートゥン・モーション』は、[[イギリス]]をはじめヨーロッパ諸国のヒットチャートで1位を記録する大ヒットとなった。
 
2009年にはセカンド・アルバム『ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ』をリリース。同年、新木場での日本公演で[[宇多田ヒカル]]をゲストに招き「LET IT SNOW!」をドゥエット。2010年、映画『[[キック・アス]]』のサウンドトラックに、[[レディー・ガガ]]のプロデューサーとして知られるレッドワンと共に「キック・アス(ウィー・アー・ヤング)」という新曲を提供した。
 
2011年4月、[[東日本大震災]]を受けて日本のファンに犠牲者への追悼と今後のサポートを表明するメッセージを公式サイトを通じて発表した。2012年、サードアルバム『ジ・オリジン・オブ・ラヴ』をリリース。
 
== 音楽性 ==
匿名利用者