「アヨーディヤー」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる: カテゴリ変更 lt:Ajodijalt:Ajodhija)
編集の要約なし
[[File:Ayodhya city.jpg|thumb|right|220px|アヨーディヤーの風景]]
'''アヨーディヤー''' ([[ヒンディー語]]:अयोध्या、英語:Ayodhya、アヨーデャーとも)は[[インド]]の[[古都]]。[[ウッタル・プラデーシュ州]]北部に位置し、7Km西に[[ファイザーバード]]の街がある。[[古代]][[コーサラ国]]の初期の[[首都]]とされ、[[叙事詩]]『[[ラーマーヤナ]]』の主人公[[ラーマ]]王子の故郷としても知られる。その名は「難攻不落の都城」を意味する。'''アヨーディヤ'''とも表記されるが、現地語の名称では最後の音節は長母音である。
 
アヨーディヤーの名は「難攻不落の都城」を意味し、[[古代]][[コーサラ国]]の初期の[[首都]]とされ、[[叙事詩]]『[[ラーマーヤナ]]』の主人公[[ラーマ]]王子の故郷としても知られる。
 
==歴史==
[[Image:India Awadh locator map.svg|thumb|right|200px|アワド地方の位置]]
古代にはサーケータという名でも知られた。[[ヒンドゥー教]]ではインドの七つの聖なる町の筆頭とされている。
 
この町を中心とした地域はかつて、アヨーディヤーの名をとって「'''アワド'''」と呼ばれ、古来より数々の王朝が栄え、[[13世紀]]以降に[[デリー・スルタン朝]]の拠点となったのちも重要な地域とされ、一時は[[デリー]]から独立した[[ジャウンプル・スルタン朝]]が成立した。
 
[[16世紀]]、この地域が[[ムガル帝国]]の支配下にはいると、[[アワド太守]]が設置され、[[18世紀]]初頭に帝国が衰退すると、アワド太守はこの地に地方政権を樹立した。
 
[[1992年]][[12月6日]]、[[ヒンドゥー教]]強硬派に扇動された暴徒による[[バーブリー・マスジド]]([[モスク]])倒壊事件が起こり、この後インド各地でヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の間で宗派間暴動が頻発した。