メインメニューを開く

差分

外部リンク追加、以前に私が書き換えた矛盾に近しい記述を戻す
'''フィリピン海'''([[英語]]: <span lang="en" xml:lang="en">Philippine Sea</span>, [[タガログ語]]: <span lang="tl" xml:lang="tl">Dagat Pilipinas</span>)は、[[日本]]、[[台湾]]、[[フィリピン]]、[[ミクロネシア]]に囲まれた[[海]]で、[[太平洋]]の付属海である。[[1952年]]([[昭和]]27年)に太平洋から区域名が分離された。ただし、日本では一般的にこの名称が用いられることは少なく、太平洋として認識されている。
 
[[国際水路機関]] (IHO) が定めた境界では、フィリピン海は、[[伊豆半島]]・[[伊豆諸島]]・[[小笠原諸島]]・[[火山列島]]・[[マリアナ諸島]]・[[ヤップ島]]・[[パラオ諸島]]で[[北太平洋]]と、[[淡路島]]・[[四国]]で[[瀬戸内海]]と、[[九州]]・[[南西諸島]]で[[東シナ海]]と、[[台湾]]・[[ルソン島]]で[[南シナ海]]と、[[フィリピン諸島]]南部・[[ハルマヘラ島]]で[[東インド多島海]]の[[スル海]]・[[セレベス海]]・[[モルッカ海]]と分けられている。[[日本海]]とは[[日本列島]]西部で隔てられている。したがって西日本(伊豆半島より西)の南方の海は、太平洋の一海域あるはなくフィリピン海ということになる。
 
[[第二次世界大戦]]のフィリピン海海戦([[マリアナ沖海戦]])をきっかけに[[アメリカ海軍]]で使われるようになり、1952年(昭和27年)にIHOの決定で太平洋から分離、現在では世界各国で名称が浸透している。一方、日本政府はフィリピン海を公式に認めているものの国内ではほとんど浸透しておらず、[[海上保安庁]]の発行する公式海図ですらフィリピン海の名称は使用されていない。ただ、将来に起こる可能性があるプレート境界地震の原因[[プレート]]の名称としての[[フィリピン海プレート]]の名は日本でも使用される。
*[[フィリピン・シー (ミサイル巡洋艦)]]
*[[マゼラン諸島]]
 
==外部リンク==
*{{PDF|[http://www.iho-ohi.net/iho_pubs/standard/S-23/S23_1953.pdf "Limits of Oceans and Seas, 3rd edition". 1953. Retrieved 7 February 2010.]}} - 国際水路機関
 
{{DEFAULTSORT:ふいりひんかい}}
5,076

回編集