「数密度」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{定期削除|定義未満、記事短すぎ|2006年2月3日 (金) 11:58 (UTC)}}
'''数密度'''とは単位体積あたりの対象物の個数を表す数。
対象物の粒子数に注目したいときには、[[密度]]よりも広く用いられるが、粒子1個あたりの平均重量が分かっていれば、密度と数密度は互いに換算できる。
 
:例えば、[[摂氏]]0度、1[[気圧]]の1[[モル]]の気体は、22.4リットルの体積中に[[アボガドロ数]]に等しい数の気体分子を含む。このときの分子数密度は、6.02×10<sup>23</sup> / 0.224 = 2.69×10<sup>24</sup> m<sup>-3</sup>。また、[[核融合炉]]の[[プラズマ]]の数密度は、1×10<sup>18</sup> - 1×10<sup>19</sup> m<sup>-3</sup>のオーダーである。
;例1
:[[摂氏]]0度、1[[気圧]]の1[[モル]]の気体は、22.4リットルの体積中に[[アボガドロ数]]に等しい数の気体分子を含む。このときの分子数密度は、6.02×10<sup>23</sup> / 0.224 = 2.69×10<sup>24</sup> m<sup>-3</sup>
 
[[Category:単位|すうみつと]]
;例2
:[[核融合炉]]の[[プラズマ]]の数密度は、1×10<sup>18</sup> - 1×10<sup>19</sup> m<sup>-3</sup>のオーダー。
6,438

回編集