「ミュンヘン空港」の版間の差分

編集の要約なし
m ("Iberia_A320_EC-HGT_MUC_2008-08-13_01.jpg" を "Iberia_A319_EC-HGT_MUC_2008-08-13_01.jpg" に差し替え(Trijnstelによる。理由:File renamed: Correct obvious errors in file names: The file shows a...)
{{Infobox airport trans
| name =ミュンヘン国際空港 Munich Airport
| nativename-a =<small> Flughafen München Franz Josef Strauß</small>
| nativename-r =
| image =Franz Josef Strauss International Airport (Munich).jpg
| image = Flughafen munchen logo.png
| IATA =MUC
| ICAOimage-width =EDDM 280
| image2 = Vorfeld Terminal 1 I.JPG
| type =公共
| image2-width = 280
| owner =Flughafen München GmbH
| caption =
| city-served = [[フライジンク]]
| IATA = MUC
| elevation-m =448
| ICAO = EDDM
| elevation-f =1470
| type = 公共
| coordinates ={{ウィキ座標度分秒|48|21|10|N|11|47|13|E|}}
| owner-oper = [[Flughafen München GmbH]]
| r1-number =08R/26L
| city-served = [[ミュンヘン]]
| r1-ILS =
| location = フライジング
| r1-length-m =4,000
| hub =
| r1-surface =[[アスファルト|舗装]]
<div>
| r2-number =08L/26R
*[[エア・ベルリン]]
| r2-ILS =
*[[Augsburg Airways]]
| r2-length-m =4,000
*[[ルフトハンザドイツ航空]]
| r2-surface =舗装
*[[エア・ドロミティ]]
*[[エア・インデペンデンス]]
*[[ビン・エア]]
*[[コンドル航空]]
*[[TUIフライ]]
</div>
| elevation-f = 1,487
| latd = 48 | latm = 21 | lats = 14 | latNS = N
| longd=011 | longm= 47 | longs= 10 | longEW= E
| coordinates_region = DE-BY
| website = [http://www.munich-airport.de/en/consumer/index.jsp www.munich-airport.de]
| pushpin_map = Germany Bavaria
| pushpin_label = MUC
| pushpin_map_caption = ババリアの中での位置
| metric-rwy = Y
| r1-number = 08R/26L
| r1-length-m = 4,000
| r1-surface = [[コンクリート]]
| r2-number = 08L/26R
| r2-length-m = 4,000
| r2-surface = コンクリート
| h1-number = H
| h1-length-m = 30
| h1-surface = コンクリート
| stat-year = 2011
| stat1-header = 旅客数
| stat1-data = 37,763,701
| stat2-header = 2010年からの増減
| stat2-data = {{increase}}8.8%
| stat3-header = 発着便数
| stat3-data = 399,581
| stat4-header = 2010年からの増減
| stat4-data = {{increase}}5.5%
| footnotes = Sources: Passenger Traffic, ADV<ref name=advpax>[http://www.adv.aero/statistiken.html ADV passenger statistics and aircraft movements]</ref><br>German [[Aeronautical Information Publication|AIP]] at [[European Organisation for the Safety of Air Navigation|EUROCONTROL]]<ref name="AIP">[http://www.ead.eurocontrol.int/publicuser/protect/pu/main.jsp EAD Basic]</ref>
}}
[[画像:München Flughafen Lage.png|thumb|200px|市街地との位置関係]]
2003年6月にターミナル2がオープンし、[[ルフトハンザ航空]]をはじめ[[スターアライアンス]]各社が利用している。ミュンヘン国際空港の離発着機数の増加により第三滑走路の計画も存在するが、近隣住民から反対の声もあがっている。
 
== 空港施設と就航路線 ==
=== 旅客ターミナル ===
[[画像:Munich Airport T1 L4 B departures.jpg|thumb|200px|出発ゲート ターミナル1]]
 
==== ターミナル1 ====
ターミナル1 は現在、[[スターアライアンス]]以外の航空会社68社が利用しており、 Hallは中央部分とAからFの6つのスペースに分けて使用されている(Hall Fはイスラエル方面へのセキュリティーエリア)。 [[ボーディングブリッジ]]は21あり、旅客エプロン西側に60の駐機場がある。1992年5月17日にオープンし、延床面積は198,000m&sup2;あり、年間約2500万人の旅客を取り扱っている。 Hall F はイスラエルの航空会社が使用する安全対策が強化されたエリアで[[ドイツ連邦警察局]]、バイエルン州警察の下チェックされ、バスでゲートの外へ向かう
 
==== ターミナル2 ====
Hall A
[[画像:Munich Airport T2 L4 check in 1.jpg|right|thumb|200px|ルフトハンザ・ドイツ航空のチェックインカウンター ターミナル2]]
ターミナル2は2003年6月19日より供用され、現在[[ルフトハンザ・ドイツ航空]]や[[スターアライアンス]]加盟航空会社、地域提携航空会社計26社が利用している。260,000m&sup2;の延床面積があり、114のゲート、24のボーディングブリッジ、75の旅客エプロンで構成され、他に小型航空機のための47の搭乗場所がある。
年間2000万から2500万人の旅客を取り扱うことが可能である。将来的にはターミナル1とターミナル2で年間5000万人程度を取り扱えるよう計画されている。
ターミナル内での必要な最短接続時間は約30分であると[[ルフトハンザドイツ航空]]と[[空港]]側は公言している。ターミナル2は利便性の良さや快適さからミュンヘン国際空港の[[ハブ空港]]としての地位を大きく押し上げた。
 
==== 中央エリア ====
ターミナル1とターミナル2の2つのターミナルをつなぐ中央エリアは、ビジネスやショッピング、娯楽の場となっている。
延床面積は46,000m&sup2;あり、航空会社や多くの旅行会社も入っており37のチェックインカウンターがある。
ターミナル2と同時に造られた大きな外の空間と、テントのような部分的に透明な屋根も特徴的である。[[ケンピンスキー]]などの[[ホテル]]も含まれている。地下にはSバーンのホームがある。
 
====ミュンヘンエアポートセンター ====
[[画像:Flughafen DE-Muenchen Franz Josef Strauß 1.jpg|right|thumb|300px|ミュンヘン国際空港全景。ターミナル1と管制塔。特徴的な屋根の部分がミュンヘン空港センター]]
[[画像:München Airport Center V.JPG|thumb|200px|ミュンヘンエアポートセンター]]
ミュンヘンエアポートセンター('''MAC''')は空港内にある商業施設やオフィスセンターで1999年にオープンした。
中央エリアとターミナル2の間にある。MACフォーラムはヨーロッパのオープンスペースとしては最大と考えられ、10,000m&sup2;のスペースがある。毎年、冬季にマーケットが開かれるが、その際スケートリンクも開設され、多くの人がやって来る。その他にもいろいろなイベントの会場として利用されている。
 
=== 貨物地区 ===
貨物取扱施設はターミナル1、ターミナル2の西側にあり、2007年には国際間取引のための建物が増設された。
 
=== 利用状況 ===
{| class="prettytable"
! class="hintergrundfarbe6" | 年
! class="hintergrundfarbe6" | 旅客数
! class="hintergrundfarbe6" | 貨物取扱量(t)
! class="hintergrundfarbe6" | 航空機発着回数
|- style="text-align:right;"
| 2007
| 33,959,422
| 251,075
| 431,815
|- style="text-align:right;"
| 2006
| 30,757,978
| 224,409
| 399,460
|- style="text-align:right;"
| 2005
| 28,619,427
| 202.844
| 398.838
|- style="text-align:right;"
| 2004
| 26,814,505
| 177,005
| 383,110
|- style="text-align:right;"
| 2003
| 24,193,304
| 156,123
| 355,602
|- style="text-align:right;"
| 2002
| 23,163,720
| 165,092
| 344,405
|- style="text-align:right;"
| 2001
| 23,646,900
| 135,000
| 337,653
|- style="text-align:right;"
| 2000
| 23,125,872
| 133,234
| 319,009
|- style="text-align:right;"
| 1995
| 14,867,922
| 70,519
| 213,951
|- style="text-align:right;"
| 1992
| 12,018,202
| 56,847
| 192,153
|- style="text-align:right;"
| 1990
| 11,423.838
| 61,221
| 191,856
|- style="text-align:right;"
| 1980
| 6,057,997
| 39,091
| 142,032
|- style="text-align:right;"
| 1970
| 3,550,929
| 31,943
| 102,907
|- style="text-align:right;"
| 1960
| 794,613
| 7,506
| 50,108
|- style="text-align:right;"
| 1950
| 69,044
| 1,273
| 5,332
|}
 
== 就航路線 ==
=== 旅客 ===
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|DEU}} [[エア・ベルリン]] | [[アンタルヤ国際空港|アンタルヤ]]、[[バーリ国際空港|バーリ]]、[[ベルリン・ブランデンブルク国際空港|ベルリン/ブランデンブルク]] [2012年6月3日から就航]、[[ベルリン・テーゲル国際空港|ベルリン/テーゲル]] [2012年6月2日まで運航]、{{仮リンク|ブリンディジ空港|en|Brindisi Airport|label=ブリンディジ}}、{{仮リンク|カターニア・フォンタナロッサ空港|en|Catania-Fontanarossa Airport|label=カターニア}}、[[ケルン・ボン空港|ケルン/ボン]]、 [[デュッセルドルフ国際空港|デュッセルドルフ]]、{{仮リンク|フエルテベントゥラ空港|en|Fuerteventura Airport|label=フエルテベントゥーラ}}、[[マデイラ空港|フンシャル]]、[[ハンブルク国際空港|ハンブルク]]、[[ハノーファー空港|ハノーファー]]、[[フルガダ国際空港|フルガダ]]、{{仮リンク|モイ国際空港|en|Moi International Airport|label=モンバサ}}、[[ドモジェドヴォ空港|モスクワ/ドモジェドヴォ]]、[[ミュンスター・オスナブリュック国際空港|ミュンスター/オスナブリュック]]、{{仮リンク|オルビア・コスタスメラルダ空港|en|Olbia – Costa Smeralda Airport|label=オルビア}}、{{仮リンク|パレルモ空港|en|Palermo Airport|label=パレルモ}}、[[パルマ・デ・マリョルカ空港|パルマ・デ・マリョルカ]]、{{仮リンク|グレゴリオ・ルペロン国際空港|en|Gregorio Luperón International Airport|label=プエルト・プラタ}}、{{仮リンク|プンタ・カナ国際空港|en|Punta Cana International Airport|label=プンタ・カナ}}、[[ベン・グリオン国際空港|テルアビブ/ベン・グリオン]]、[[テネリフェ・スール空港|テネリフェ南]]、[[ウィンドフック・ホセア・クタコ国際空港|ウィントフック]] <br> '''[季節運航]''': {{仮リンク|アリカンテ空港|en|Alicante Airport|label=アリカンテ}}、[[スワンナプーム国際空港|バンコク/スワンナプーム]]、{{仮リンク|カリャリ・エルマス空港|en|Cagliari-Elmas Airport|label=カリャリ}}、[[カンクン国際空港|カンクン]]、[[コルフ国際空港|コルフ]]、{{仮リンク|エンフィダ・ハンマメット国際空港|en|Enfidha – Hammamet International Airport|label=エンフィダ}}、{{仮リンク|ファロ空港|en|Faro Airport|label=ファロ}}、{{仮リンク|イラクリオン国際空港|en|Heraklion International Airport, "Nikos Kazantzakis"|label=イラクリオン}}、{{仮リンク|イビサ空港|en|Ibiza Airport|label=イビサ}}、{{仮リンク|カルパトス国民空港|en|Karpathos Island National Airport|label=カルパトス}}、{{仮リンク|カヴァラ空港|en|Kavala International Airport|label=カヴァラ}}、{{仮リンク|コス島空港|en|Kos Island International Airport|label=コス島}}、{{仮リンク|ラメーツィア・テルメ空港|en|Lamezia Terme Airport|label=ラメーツィア・テルメ}}、[[グラン・カナリア空港|ラス・パルマス/グラン・カナリア]]、[[ルクソール国際空港|ルクソール]]、[[マラガ空港|マラガ]]、[[マルタ国際空港|マルタ]]、{{仮リンク|メノルカ空港|en|Menorca Airport|label=メノルカ}}、{{仮リンク|ミコノス島国民空港|en|Mykonos Island National Airport|label=ミコノス島}}、{{仮リンク|ミティリーニ国際空港|en|Mytilene International Airport|label=ミティリーニ}}、[[ナポリ・カポディキーノ国際空港|ナポリ]]、{{仮リンク|アクティオン国民空港|en|Aktion National Airport|label=プレベザ}}、[[ケプラヴィーク国際空港|レイキャヴィーク/ケプラヴィーク]]、{{仮リンク|ロードス国際空港|en|Rhodes International Airport|label=ロードス}}、{{仮リンク|サモス国際空港|en|Samos International Airport|label=サモス}}、[[シャルム・エル・シェイク国際空港|シャルム・エル・シェイク]]、[[テッサロニキ・マケドニア国際空港|テッサロニキ]]、{{仮リンク|ファン・グアルベルト・ゴメス空港|en|Juan Gualberto Gómez Airport|label=バラデロ}}、{{仮リンク|ズィルト空港|en|Sylt Airport|label=ズィルト}}、{{仮リンク|ザキントス国際空港|en|Zakynthos International Airport|label=ザキントス}} | 1-A
| {{Flagicon|AUT}} [[ニキ航空]] | [[ウィーン国際空港|ウィーン]] | 1-A
}}
 
Hall B
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|EGY}} {{仮リンク|エア・アラビア・エジプト|en|Air Arabia Egypt}} | '''[チャ-ター便]''': {{仮リンク|マルサ・アラム国際空港|en|Marsa Alam International Airport|label=マルサ・アラム}} | 1-B
| {{Flagicon|RUS}} {{仮リンク|アク・バルス航空|en|Ak Bars Aero}} | [[カザン国際空港|カザン]] | 1-B
| {{Flagicon|TUN}} [[チュニスエア]] | ジェルバ、エンフィダ、[[チュニス・カルタゴ国際空港|チュニス]] | 1-B
| {{Flagicon|RUS}} [[ヤクーチヤ航空]] | [[イルクーツク国際空港|イルクーツク]] | 1-B
}}
 
Hall C
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|RUS}} [[アエロフロート]] | [[シェレメーチエヴォ国際空港|モスクワ/シェレメーチエヴォ]] | 1-C
| {{Flagicon|EGY}} [[カイロ航空]] | '''チャーター便''': フルガダ | 1-C
| {{Flagicon|RUS}} {{仮リンク|ウラル航空|en|Ural Airlines}} | [[コルツォヴォ国際空港|エカテリンブルク]] [2012年3月28日から就航] | 1-C
| {{Flagicon|RUS}} {{仮リンク|UT航空|en|UTair Aviation}} | {{仮リンク|ロシーノ国際空港|en|Roschino International Airport|label=チュメニ}} | 1-C
}}
 
Hall D
[[File:Iberia_A319_EC-HGT_MUC_2008-08-13_01.jpg|thumb|イベリア航空の[[エアバスA320|A320-200]] ]]
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|IRL}} [[エアリンガス]] | [[コーク空港|コーク]]、[[ダブリン空港|ダブリン]] | 1-D
| {{Flagicon|FRA}} [[エールフランス]] | [[シャルル・ド・ゴール国際空港|パリ/シャルル・ド・ゴール]] | 1-D
| {{Flagicon|NOR}} [[ノルウェー・エアシャトル]] | [[オスロ空港|オスロ/ガーデモエン]]、[[ストックホルム・アーランダ空港|ストックホルム/アーランダ]] | 1-D
| {{Flagicon|ESP}} [[ブエリング航空]] | [[バルセロナ・エル・プラット国際空港|バルセロナ]] [2012年3月25日から就航] | 1-D
}}
 
Hall E
*到着専用
 
Hall F
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|ISR}} {{仮リンク|アルキア・イスラエル航空|en|Arkia Israel Airlines}} | '''[季節運航]:''' [[ベン・グリオン国際空港|テルアビブ/ベン・グリオン]] | 1-F
| {{Flagicon|ISR}} [[エル・アル航空]] |テルアビブ/ベン・グリオン | 1-F
| {{Flagicon|ISR}} [[イズレール航空]] | '''[季節運航]:''' テルアビブ/ベン・グリオン | 1-F
| {{Flagicon|ISR}} {{仮リンク|サンドア国際航空|en|Sun d'Or International Airlines}}<br>運航は{{Flagicon|ISR}} [[エル・アル航空]] | '''[季節チャーター便]:''' テルアビブ/ベン・グリオン | 1-F
}}
*Hall F はイスラエルの航空会社が使用する安全対策が強化されたエリアで[[ドイツ連邦警察局]]、バイエルン州警察の下チェックされ、バスでゲートの外へ向かう。
 
Hall Z (Zentralbereich)(中央部)
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|CAN}} [[エア・トランザット]] | '''[季節運航]''': [[トロント・ピアソン国際空港|トロント]] | 1-Z
| {{Flagicon|BGR}} {{仮リンク|ブルガリアン・エアチャーター|en|Bulgarian Air Charter}} | '''[季節運航]''': ブルガス、[[ヴァルナ空港|ヴァルナ]] | 1-Z
| {{Flagicon|GBR}} [[イージージェット]] | [[エディンバラ空港|エディンバラ]]、[[ロンドン・ガトウィック空港|ロンドン/ガトウィック]]、[[ロンドン・スタンステッド空港|ロンドン/スタンステッド]]、[[マンチェスター空港|マンチェスター]] | 1-Z
| {{Flagicon|DEU}} {{仮リンク|TUIフライ|en|TUIfly}} | {{仮リンク|ハビヨ空港|en|Rabil Airport|label=ボア・ヴィスタ}}、フエルテベントゥーラ、フルガダ、ランサローテ、コルフ、ラス・パルマス/グラン・カナリア、マルサ・アラム、[[アミルカル・カブラル国際空港|サル]]、シャルム・エル・シェイク、テネリフェ南<br> '''[季節運航]''': アガディール、アンタルヤ、{{仮リンク|アラクソス空港|en|Araxos Airport|label=アラクソス/パトラ}}、コルフ、ダラマン、エンフィダ、ファロ、イラクリオン、{{仮リンク|ヘレス空港|en|Jerez Airport|label=ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ}}、コス島、ルクソール、メノルカ、パルマ・デ・マリョルカ、ロードス、テルアビブ/ベン・グリオン、ウィーン | 1-Z
}}
 
その他
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|GRE}} {{仮リンク|アストラ航空|en|Astra Airlines}} | '''[季節運航]:''' テッサロニキ [2012年5月26日から就航] | 未定
| {{Flagicon|DEU}} {{仮リンク|ビン・エア|en|BinAir}} | {{仮リンク|マクデブルク・コッホシュタット空港|en|Magdeburg-Cochstedt Airport|label=マクデブルク/コッホシュタット}} | GAT
}}
 
==== ターミナル2 ====
[[画像:Munich Airport T2 L4 check in 1.jpg|right|thumb|200px|ルフトハンザ・ドイツ航空のチェックインカウンター ターミナル2]]
ターミナル2は2003年6月19日より供用され、現在[[ルフトハンザ・ドイツ航空]]や[[スターアライアンス]]加盟航空会社、地域提携航空会社計26社が利用している。260,000m&sup2;の延床面積があり、114のゲート、24のボーディングブリッジ、75の旅客エプロンで構成され、他に小型航空機のための47の搭乗場所がある。
年間2000万から2500万人の旅客を取り扱うことが可能である。将来的にはターミナル1とターミナル2で年間5000万人程度を取り扱えるよう計画されている。
ターミナル内での必要な最短接続時間は約30分であると[[ルフトハンザドイツ航空]]と[[空港]]側は公言している。ターミナル2は利便性の良さや快適さからミュンヘン国際空港の[[ハブ空港]]としての地位を大きく押し上げた。
 
Ebene 3
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|CAN}} [[エア・カナダ]] | トロント | 2-3
| {{Flagicon|CHN}} [[中国国際航空]] | [[アテネ国際空港|アテネ]]、[[北京首都国際空港|北京/首都]] | 2-3
| {{Flagicon|USA}} [[ユナイテッド航空]] | [[シカゴ・オヘア国際空港|シカゴ/オヘア]]、[[ニューアーク・リバティー国際空港|ニューアーク]]、[[ワシントン・ダレス国際空港|ワシントン/ダレス]] | 2-3
| {{Flagicon|USA}} [[USエアウェイズ]] | [[フィラデルフィア国際空港|フィラデルフィア]] | 2-3
}}
 
Ebene 4
[[File:LufthansaCityline E195LR D-AEBE MUC.jpg|thumb|ルフトハンザ・リージョナルの[[エンブラエル195]] ]]
{{Airport-dest-list
| 3rdcoltitle = ターミナル / ホール
| {{Flagicon|SLO}} [[アドリア航空]] | [[リュブリャナ空港|リュブリャナ]]、プリシュティナ | 2-4
| {{Flagicon|GRC}} [[エーゲ航空]] | アテネ、{{仮リンク|カラマタ国際空港|en|Kalamata International Airport|label=カラマタ}}、テッサロニキ、ロードス <br> '''[季節運航]''': イラクリオン | 2-4
}}
 
==== 中央エリア貨物 ====
ターミナル1とターミナル2の2つのターミナルをつなぐ中央エリアは、ビジネスやショッピング、娯楽の場となっている。
延床面積は46,000m&sup2;あり、航空会社や多くの旅行会社も入っており37のチェックインカウンターがある。
ターミナル2と同時に造られた大きな外の空間と、テントのような部分的に透明な屋根も特徴的である。[[ケンピンスキー]]などの[[ホテル]]も含まれている。地下にはSバーンのホームがある。
 
====ミュンヘンエアポートセンター ====
[[画像:Flughafen DE-Muenchen Franz Josef Strauß 1.jpg|right|thumb|300px|ミュンヘン国際空港全景。ターミナル1と管制塔。特徴的な屋根の部分がミュンヘン空港センター]]
[[画像:München Airport Center V.JPG|thumb|200px|ミュンヘンエアポートセンター]]
ミュンヘンエアポートセンター('''MAC''')は空港内にある商業施設やオフィスセンターで1999年にオープンした。
中央エリアとターミナル2の間にある。MACフォーラムはヨーロッパのオープンスペースとしては最大と考えられ、10,000m&sup2;のスペースがある。毎年、冬季にマーケットが開かれるが、その際スケートリンクも開設され、多くの人がやって来る。その他にもいろいろなイベントの会場として利用されている。
 
=== 貨物地区 ===
貨物取扱施設はターミナル1、ターミナル2の西側にあり、2007年には国際間取引のための建物が増設された。
{{airport-dest-list
| {{Flagicon|GBR}} [[BAEシステムズ]] | {{仮リンク|ウォートン空港|en|Warton Aerodrome|label=ウォートン}}
| {{Flagicon|SWE}} {{仮リンク|ウエスト・エア・スウェーデン|en|West Air Sweden}} | パリ/シャルル・ド・ゴール、シュトゥットガルト
}}
 
=== 利用状況 ===
{| class="prettytable"
! class="hintergrundfarbe6" | 年
! class="hintergrundfarbe6" | 旅客数
! class="hintergrundfarbe6" | 貨物取扱量(t)
! class="hintergrundfarbe6" | 航空機発着回数
|- style="text-align:right;"
| 2007
| 33,959,422
| 251,075
| 431,815
|- style="text-align:right;"
| 2006
| 30,757,978
| 224,409
| 399,460
|- style="text-align:right;"
| 2005
| 28,619,427
| 202.844
| 398.838
|- style="text-align:right;"
| 2004
| 26,814,505
| 177,005
| 383,110
|- style="text-align:right;"
| 2003
| 24,193,304
| 156,123
| 355,602
|- style="text-align:right;"
| 2002
| 23,163,720
| 165,092
| 344,405
|- style="text-align:right;"
| 2001
| 23,646,900
| 135,000
| 337,653
|- style="text-align:right;"
| 2000
| 23,125,872
| 133,234
| 319,009
|- style="text-align:right;"
| 1995
| 14,867,922
| 70,519
| 213,951
|- style="text-align:right;"
| 1992
| 12,018,202
| 56,847
| 192,153
|- style="text-align:right;"
| 1990
| 11,423.838
| 61,221
| 191,856
|- style="text-align:right;"
| 1980
| 6,057,997
| 39,091
| 142,032
|- style="text-align:right;"
| 1970
| 3,550,929
| 31,943
| 102,907
|- style="text-align:right;"
| 1960
| 794,613
| 7,506
| 50,108
|- style="text-align:right;"
| 1950
| 69,044
| 1,273
| 5,332
|}
 
=== 過去に就航していた航空会社 ===
*建設にいたる話題性と建築様式のため、空港自体がミュンヘンの大きな観光資源にもなっている。
*両替システムが充実しており、UAEディルハムのような貨幣でも両替できる。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
==外部リンク==
匿名利用者