「北条綱成」の版間の差分

編集の要約なし
| 兄弟 = '''綱成'''、[[北条綱房|綱房]]、[[松田盛秀]]室
| 妻 = 正室:'''大頂院殿'''([[北条氏綱]]の娘)
| 子 = '''[[北条氏繁|康成(氏繁]]'''、[[北条氏秀|氏秀]]、高源院殿([[北条氏規]]室)、浄光院殿([[遠山隼人佑]]室)
| 特記事項 =
}}
[[大永]]元年([[1521年]])、[[飯田河原の戦い]]で父正成ら一族の多くが武田方の[[原虎胤]]に討ち取られ、家臣に伴われて小田原に落ち延びて[[北条氏綱]]の保護を受け、近習として仕えたとも、[[天文 (元号)|天文]]5年([[1536年]])に父が今川家の内紛である[[花倉の乱]]で[[今川義元]]の異母兄・[[玄広恵探]]を支持したために討たれ、氏綱の元へ落ち延びたという二つの説がある。
 
氏綱は綱成を大いに気に入り、娘を娶わせて北条一門に迎えるとともに、北条姓を与えたという。綱成の名乗りも、氏綱の「から賜った[[偏諱]](「'''綱'''」の字)と父正成の「'''成'''」を合わせたものである。氏綱の子である[[北条為昌]]の後見役も任され、天文11年([[1542年]])の為昌没後は、年長である綱成が形式的に為昌の養子となる形で第3代[[玉縄城]]主となった。
 
ただ、[[黒田基樹]]は、『北条早雲とその一族』の中で、上総介正成という人物は実在しないとしており、[[小和田哲男]]も『今川氏家臣団の研究』の中で、福島上総介正成という名前は古記録だけでなく、古文書にも出てこないと言っている。
匿名利用者