「松前道広」の版間の差分

編集の要約なし
'''松前 道広'''(まつまえ みちひろ)は、[[江戸時代]]の[[大名]]。[[蝦夷]][[松前藩]]の第8代藩主。
 
宝暦4年(1754年)、第7代藩主・[[松前資広]]の長男として生まれる。母は[[八条隆英]]([[櫛笥賀子]]の弟)の娘。幼少より文武に優れ、派手好きで傲慢な性格であったという。父の死去に伴い、[[明和]]2年([[1765年]])に[[家督]]を相続。[[一橋治済]]、伊達家・島津家など反幕閣の人々と交友し、[[吉原遊廓|吉原]]の遊女を妾にするなど遊興費も多かった。そのため商人からの借金がかさんで藩政は窮乏、何度も幕府から注意されていたという。
 
対外的には強硬で、[[ロシア帝国|ロシア]]からの通商要請を拒否。[[寛政]]元年([[1789年]])には、[[国後島]]や目梨地方で起こった[[アイヌ]]の反乱に[[新井田正寿]]・[[松井広次]]らを派遣して鎮圧した([[クナシリ・メナシの戦い]])。寛政4年([[1792年]])に[[隠居]]し、天保3年(1832年)死去した。
匿名利用者