「恵方巻」の版間の差分

一般家庭ではなく、花街で行われていた
(発祥が冒頭部と節に分離して詳述されていた為、冒頭部は簡潔にして詳細な内容を節に統合)
(一般家庭ではなく、花街で行われていた)
 
[[1955年]](昭和30年)頃、「[[元祖たこ昌]]」代表取締役・山路昌彦が当時行っていた海苔販売の促進活動の一環として恵方巻を考案<ref name="hokkaido-bunkyodai"/><ref>{{Cite journal|和書|date=2004年1月20日号|title=特集 - 関西うまい店トリビアの泉|journal=[[KANSAI1週間]]|issue=126|pages=109ページ|quote=山路本人の発言}}</ref>。
 
[[1969年]]、明治32年の大阪出身であり大阪学芸大(現大阪教育大)教授であった食物史研究の権威「篠田統」の『すしの本』(1970年発行)<ref>篠田統 『すしの本』 ISBN 978-4006030704 「おもに花街で行なわれ」「もちろん、私も初耳」「普通の町家ではあまりやらな」</ref>には、
:「節分と巻きずし」
:''本日巻きずし有りという広告を見たが(中略)、おもに花街で行なわれ、新こうこうが漬かる時期なので、その香の物を芯に巻いたノリ巻を、切らずに全(まる)のまま、恵方のほうへ向いて食べる由。老浪華人の塩路吉兆老も今日まで知らたんだ。(中略)もちろん、私も初耳だ。普通の町家ではあまりやらないようだ。''
と記述しており、一般家庭のイベントでは無く花街における事柄だと記されている。
 
[[1973年]](昭和48年)から大阪海苔問屋協同組合が作製したポスターを[[寿司屋]]が共同で店頭に貼り出し、海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」として販促キャンペーンが展開された<ref name="all20060124-1"/>。[[1974年]](昭和49年)には[[大阪市]]で海苔店経営者らが[[オイルショック]]後の海苔の需要拡大を狙いとして節分のイベントで「巻き寿司早食い競争」を始めたこと、[[1977年]](昭和52年)に大阪海苔問屋協同組合が[[道頓堀]]で行った海苔の販売促進行事、そのイベント「巻き寿司早食い競争」が[[マスメディア|マスコミ]]に取り上げられたこと、関西厚焼工業組合も同時期頃に宣伝活動を開始したこと、などが契機となって、徐々に知名度が上がっていった<ref name="all20060124-1"/><ref name="hokkaido-bunkyodai"/><ref name="kousai20100122">{{Cite 判例検索システム|事件名=商標権侵害差止等請求控訴事件|裁判所=[[大阪高等裁判所]]|裁判形式=判決|裁判年=2010|裁判月=1|裁判日=22|事件番号=平成20(ネ)2836|全文URI=http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100129134305.pdf|検索結果詳細画面URI=http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=07&hanreiNo=38375&hanreiKbn=06|閲覧日時=2010-02-05}}</ref><ref name="all20060124"/>。
匿名利用者