「竹中平蔵」の版間の差分

竹中著書より
(竹中著書より)
[[和歌山県]][[和歌山市]]小松原通6丁目(現・吹上3丁目)にある商店街の小さな[[履物]][[小売]]商<ref name="lib">『リベラルタイム』2005年10月号、p.22-23 田中幾太郎「『貧困と差別』に憤った少年期」</ref>の次男として、[[1951年]]([[昭和]]26年)に生まれる<ref name="bunshun0311">『文藝春秋』2003年11月号</ref>。実家は近所では比較的裕福な家庭で<ref name="lib" />、実兄の竹中宣雄は、後に[[ミサワホーム]]社長となる人物であった。
 
和歌山市立吹上小学校、[[和歌山市立西和中学校]]、[[和歌山県立桐蔭中学校・高等学校|和歌山県立桐蔭高等学校]]に進む。当時は社会の貧富の差に矛盾を感じ、高校の倫理社会の教師から「大学に行ける君たちは、行けない人の分まで勉強しなきゃいけないんだ」<ref>竹中平蔵、佐藤雅彦『{{Sfn|経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社)</ref>|2000|p=339}}と言われて強い印象を受けた他、同校2年在学中、1967年11月、和歌山市の「第4回[[平和・人権・民主主義を考える全国高校生集会|全国高校生部落問題研究集会]]」に出席し、和歌山県の或る集落の出身者が過酷な就職差別を受けたという報告に接して怒りで顔を真っ赤にしたこともある<ref name="lib" />。1973年(昭和48年)に[[一橋大学]][[経済学部]]を卒業<ref name="bunshun0311" />。大学では[[山澤逸平]][[ゼミナール]]に所属していたが、当初は[[小島清]]ゼミナールへの参加を希望していたという。[[仁坂吉伸]]和歌山県知事とは高校の同級生である。
 
=== 博士取得まで ===
 
=== 格差問題 ===
{{See also|労働ビッグバン}}
「改革で格差が広がったということはない」と発言している<ref>[http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090306/plc0903060832003-n1.htm 【金曜討論】小泉構造改革 慶大教授・竹中平蔵氏、作家・高杉良氏 (1-5ページ)] [[産経新聞]]2009年3月6日</ref>。[[OECD]]の統計では、構造改革期に格差が縮小したことが示されている<ref>[{{Cite report|publisher=OECD |url=http://www.oecd.org/dataoecd/45/58/41527388.pdf |title=OECD (2008), Growing Unequal? : Income Distribution and Poverty in OECD Countries] |doi=10.1787/9789264044197-en |date=2008-08-21}}</ref>。
 
今日の格差批判は「金持ちはけしからん」という[[社会主義]]的格差感であり<ref name =asahigeinou2007020>『[[アサヒ芸能]]』(2007年2月8日号)</ref>、「金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになるわけではない」という[[マーガレット・サッチャー]]の言葉を引用して、高い所得を得ている人がいること自体は解決すべき問題ではなく、努力しても貧しい人たちに社会的救済が必要であると述べた。ゆえに格差論ではなく、貧困論を政策の対象にすべきとしている<ref>[http://policywatch.jp/pwatch/player/pw_player.swf?f=takenakah0105a 【竹中平蔵】将来のために今、正すべき問題点から目をそらすな]</ref>。また、「格差ではなく、貧困の議論をすべきです。貧困が一定程度広がったら政策で対応しないといけませんが、社会的に解決しないといけない大問題としての貧困はこの国にはないと思います」<ref>『朝日新聞』2006年6月16日</ref>と述べた。ただし、政府として貧困調査をきちんとすべきであると発言している<ref>[http://www.genron-npo.net/politics/genre/generaltheory/post-174.html 竹中平蔵氏 第4話:「社会主義を目指して改革を進めているのではない」] [[言論NPO]]</ref><ref name =katsuma>『勝間和代のお金の学校』</ref>。
 
労働政策については、今日本に一番求められているのは[[フレキシキュリティ|積極的労働市場政策]]{{Sfn|経済ってそういうことだったのか会議|2000|pp=322-324}}だとし、「団塊の世代の中間管理職が失業すると仕事はない理由は簡単で、役に立たないからです」{{Sfn|経済ってそういうことだったのか会議|2000|pp=322-324}}としている。
[[非正規雇用]]については、[[正社員]]と非正社員の区別自体が妥当でない、[[オランダ]]のように全員を正社員にするべきであると述べた<ref>[http://policywatch.jp/player/pw_player.swf?f=takenak090729d 【竹中平蔵】"日本版オランダ革命"に取り組め/同一労働同一賃金] ポリシーウォッチ</ref><ref>[http://sfc-forum.sfc.keio.ac.jp/forumnews/news80/forumnews80-1.html 「改革の配当」を活用して持続可能な経済システムの構築を] 慶応大学湘南藤沢キャンパスSFC FORUM</ref>。そのとき正社員個人の所得は低下するが、日本では正社員のほとんどは必要以上の所得を得ていることを指摘した<ref name =asahigeinou2007020/>。また、「問題は、今の正規雇用に関して、経営側に厳しすぎる解雇制約があることだ」と主張し、「[[正規社員の解雇規制緩和論|解雇規制を緩和する]]、新たな法律を制定することが必要だ」と述べている<ref>[http://www.jcer.or.jp/column/takenaka/index124.html 『竹中平蔵のポリシー・スクール』2009年2月1日 「雇用は健全な三権分立から」] [[日本経済研究センター]]</ref>。「[[第1次安倍内閣|安倍晋三内閣]]で[[同一労働同一賃金]]の法制化を行おうとしたが([[労働ビッグバン]])、[[既得権益]]を失う[[労働組合]]や、保険や年金の負担増を嫌う[[財界]]の反対で頓挫した」と述べ、[[格差社会]]の改善には改革が急務であると主張している<ref name =katsuma/>。
 
[[非正規雇用]]については、[[正社員]]と非正社員の区別自体が妥当でない、[[オランダ]]のように全員を正社員にするべきであると述べた<ref>[http://policywatch.jp/player/pw_player.swf?f=takenak090729d 【竹中平蔵】"日本版オランダ革命"に取り組め/同一労働同一賃金] ポリシーウォッチ</ref><ref>[http://sfc-forum.sfc.keio.ac.jp/forumnews/news80/forumnews80-1.html 「改革の配当」を活用して持続可能な経済システムの構築を] 慶応大学湘南藤沢キャンパスSFC FORUM</ref>。そのとき正社員個人の所得は低下するが、日本では正社員のほとんどは必要以上の所得を得ていることを指摘した<ref name =asahigeinou2007020/>。また、「問題は、今の[[正規雇用]]に関して、経営側に厳しすぎる解雇制約があることだ」と主張し、「[[正規社員の解雇規制緩和論|解雇規制を緩和する]]、新たな法律を制定することが必要だ」と述べている<ref>[http://www.jcer.or.jp/column/takenaka/index124.html 『竹中平蔵のポリシー・スクール』2009年2月1日 「雇用は健全な三権分立から」] [[日本経済研究センター]]</ref>。「[[第1次安倍内閣|安倍晋三内閣]]で[[同一労働同一賃金]]の法制化を行おうとしたが([[労働ビッグバン]])、[[既得権益]]を失う[[労働組合]]や、保険や年金の負担増を嫌う[[財界]]の反対で頓挫した」と述べ、[[格差社会経済的不平等]]の改善には改革が急務であると主張している<ref name =katsuma/>。
 
「格差が拡大する、それほど激しい競争は日本社会にはない」とし、「ほとんどが制度的な格差ですよ」と述べている<ref>[http://gendai.ismedia.jp/articles/print/1875 田原総一朗×竹中平蔵対談 最終回「日本企業がサムスンに勝つために」] [[現代ビジネス]]</ref>。
「サブプライムローンそのものが悪いわけではない、リスク管理が甘く慎重に審査して貸しつけていなかった、一義的には[[金融機関]]が[[経営]]に失敗したということ、[[銀行]]としては[[証券化]]してリスク分散したはずが、結果的にリスクが社会中に広がってリスク拡散になってしまった。それが今回のサブプライム問題の本質」「[[グリーンスパン]]前[[FRB]]議長が行ったことに問題があったという穿った見方も強いが、誰かに責任を着せるのではなく前向きに対処を考えていかなければいけない。問題は誰にも予想できなかったこと」と一連の問題を評した。
 
その上で「『民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ』と申し上げたい。ある国が政治的な意図をもってアメリカの金融機関を乗っ取ってしまったら、アメリカ経済が影響を受けるのではという懸念も出てきている。日本郵政は民営化したので、今は[[SWF]]ではない。だからアメリカから見ると安心して受け入れられる民間の資金。アメリカに対しても貢献できるし、アメリカの金融機関に出資することで新たなビジネスへの基礎もできる」と述べた<ref>{{Cite [journal|和書|url=http://diamond.jp/articles/-/3646 |title=サブプライム危機の真実 民営化した郵政はアメリカに出資せよ] |journal=DIAMOND Online |date=2008-04-21}}</ref>。
 
=== 「too big to fail」発言 ===
* 『竹中平蔵の特別授業――きょうからあなたは「経済担当補佐官」』集英社インターナショナル、2005年。ISBN 4797671343
* 『やさしい経済学』幻冬舎、2005年。ISBN 4344406354
* {{Wikicite |ref={{SfnRef|構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌|2006}} |reference=『構造改革の真実――竹中平蔵大臣日誌』日本経済新聞社、[[2006年]]。ISBN 9784532352486 }}
** ''The structural reforms of the Koizumi Cabinet -- an insider's account of the economic revival of Japan'', translated by Jillian Yorke, [[東京都|Tokyo]]: [[日本経済新聞出版社|Nikkei Publishing]], [[2008年|2008]]. ISBN 9784532133597(『大臣日誌』の英訳版)
* 『竹中平蔵、中国で日本経済を語る――北京大学特別講義より』[[大和書房]]、[[2008年]]。ISBN 9784479391722
* 竹中平蔵・[[阿川尚之]]著『世界標準で生きられますか』[[徳間書店]]、1999年。ISBN 419861072X
* [[中谷巌]]・竹中平蔵著『ITパワー 日本経済・主役の交代』PHP研究所、2000年。ISBN 4569610099
* {{Wikicite |ref={{SfnRef|経済ってそういうことだったのか会議|2000}} |reference=[[佐藤雅彦 (メディアクリエーター)|佐藤雅彦]]・竹中平蔵著『経済ってそういうことだったのか会議』日本経済新聞社、2000年。ISBN 4532148243 }}
* 竹中平蔵・[[東京財団|東京財団政策ビジョン21]]著『「強い日本」の創り方 経済・社会大改革の海図』PHP研究所、2001年。ISBN 4569615716
* 竹中平蔵・[[櫻井よしこ]]著『立ち上がれ! 日本― 「力強い国家」を創る戦略』PHP研究所、2001年。ISBN 4569617298
7,548

回編集