「恵方巻」の版間の差分

脚注追加、追記、一部文章を出典を基にした内容に変更、節再編(夏以外にも恵方巻展開が有るため)
(削除された「夏の恵方巻き」。多数のメーカーによる売り出し。多数の出典付き。)
(脚注追加、追記、一部文章を出典を基にした内容に変更、節再編(夏以外にも恵方巻展開が有るため))
恵方巻は、太巻き([[巻き寿司]])を節分の夜にその年の[[歳徳神#恵方|恵方]]に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされている<ref name="goo"/><ref name="kotobank"/><ref name="hatena"/>。「目を閉じて」食べるともされるが<ref name="all20060124-1">{{Cite web|author=三浦康子|date=2006-01-24|url=http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20060124A/|title=節分1:恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明 - 面白い!恵方巻きのルール|work=暮らしの歳時記|publisher=[[All About]]|language=日本語|accessdate=2010年2月6日}}</ref>、一方「笑いながら食べる」という人もおり<ref group="注">春が来るのに障害となる"金気"を「笑い」という"火気"で滅ぼす([[五行思想|火剋金]])。</ref>、これは様々である。また、太巻きではなく手巻き寿司を食べる人もいる<ref name="all20080122">{{Cite web|author=遠藤雅大|date=2008-01-22|url=http://allabout.co.jp/children/papaikuji/closeup/CU20080125A/|title=節分に恵方巻きって、手巻き寿司じゃダメ?|publisher=[[All About]]|language=日本語 |accessdate=2009年2月3日 }}</ref>。
 
太巻きには7種類の具材を使うとされ、その数字は商売繁盛や無病息災を願って[[七福神]]に因んだもので福を巻き込むと意味付けされる<ref name="gengo"/>。別の解釈もあり、{{要出典範囲|date=2013年2月|キュウリを青鬼、ニンジンや桜でんぶ(おぼろ)や生姜を赤鬼に見立てて「鬼を食べて」鬼退治するという説}}や、太巻きを鬼の金棒(逃げた鬼が忘れていった金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説<ref>[https://flets-members.jp/pub/pages/contents/list/bunkamura/ls/culture/130124/02.html 気になる!「恵方巻き」事情] - [[フレッツ光]]メンバーズクラブ([[NTT東日本]])</ref>もある。
7種類の具を使用した太巻きを使うが、初期の頃は具の数が決まっていたわけではなく、後述のように[[漬物]]を巻きこんだだけだったり、質素なものだった。現在でも特定の7種の素材が決まっているわけではなく、[[かんぴょう]]、[[キュウリ]](レタス・かいわれ)、[[シイタケ]]煮、[[だし巻き卵|伊達巻(だし巻・厚焼き卵)]]、[[ウナギ]](アナゴ)、[[田麩|桜でんぶ(おぼろ)]]等が多いが<ref name="gengo">{{Cite web|author=語源由来辞典|url=http://gogen-allguide.com/e/ehoumaki.html|title=恵方巻き|language=日本語 |accessdate=2010年2月5日 |quote=[http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100129134305.pdf 商標権侵害差止等請求控訴事件 - 平成20(ネ)2836] に資料として「語源由来辞典」の記述あり}}</ref>、他に焼き紅鮭、かまぼこ(カニ風味かまぼこ)、高野豆腐、しそ(大葉)、三つ葉(ほうれん草)、しょうが、菜の花、ニンジン、漬物等も使われることがある<ref group="注">[[宮城県]][[気仙沼市]]では後述の栃木県の磐裂根裂神社のものと同様直径5cm長さ20cmほどに作るが、酢飯ではなく普通のご飯を使い巻き込む具は梅干しと醤油の2つだけであり、名称も単に「太巻」としか言わない。</ref>。2000年代以降ではサーモン、イクラ、イカ、エビ、まぐろ(ネギトロ・漬けマグロ)などを使い「海鮮恵方巻」と称して店頭で売られていることもある([[#便乗商品|後述]])。7種類の具材という数字は商売繁盛や無病息災を願って[[七福神]]に因んだもので福を巻き込む意味があるとされるが、別の説ではキュウリを青鬼、ニンジンや桜でんぶ(おぼろ)や生姜を赤鬼に見立てて「鬼を食べて」鬼退治するという意味だともいわれる<ref name="gengo"/>。
 
具材は特定の7種具を使用した太巻きを使うが、初期の頃は具の数素材が決まっていわけではなく、後述のよう大正時代から昭和時代初期[[漬物]]を巻きこんだだけだっが度々挙げられが<ref name="kutsuzawa"/><ref name="all20060124"/>質素なものだった。それ以降から現在特定の7種の素材が決まっされいるわけではなくおらず代表例として[[かんぴょう]][[キュウリ]](レタス・かいわれ)[[シイタケ]]煮[[だし巻き卵|伊達巻(だし巻・厚焼き卵)]][[ウナギ]](アナゴ)[[田麩|桜でんぶ(おぼろ)]]などられる<ref name="gengo">{{Cite web|author=語源由来辞典|url=http://gogen-allguide.com/e/ehoumaki.html|title=恵方巻き|language=日本語 |accessdate=2010年2月5日 |quote=[http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100129134305.pdf 商標権侵害差止等請求控訴事件 - 平成20(ネ)2836] に資料として「語源由来辞典」の記述あり}}</ref>他に焼き紅鮭、かまぼこ(カニ風味かまぼこ)、高野豆腐、しそ(大葉)、三つ葉(ほうれん草)、しょうが、菜の花、ニンジン、漬物等もなどが使われることがある<ref group="注">[[宮城県]][[気仙沼市]]では後述の栃木県の磐裂根裂神社のものと同様直径5cm長さ20cmほどに作るが、酢飯ではなく普通のご飯を使い巻き込む具は梅干しと醤油の2つだけであり、名称も単に「太巻」としか言わない。</ref>。2000年代以降ではサーモン、イクラ、イカ、エビ、まぐろ(ネギトロ・漬けマグロ)などを使い「海鮮恵方巻」と称して店頭で売られていることもある([[#便乗商品|後述]])。7種類の具材というの種類字は商売繁盛や無病息災を願って[[七福神]]でも7種因んわらず、「2・5」と少なくしたり<ref name="yamagata20130202">[http://yamagata-np.jp/news/201302/02/kj_2013020200068.php 県内に定着、関西発祥で福を「恵方巻き込む意味が」 節分商戦でスーパーるとされるが、別説ではキュウリを青鬼、ニンジンや桜でんぶ(おぼろ手この手] - [[山形新聞]] 2013年2月2日</ref><ref name="ito20121220">{{PDFlink|[http://www.itoyokado.co.jp/company/news/spcl/2012/pdf/20121220-1.pdf 12/25(火や生姜を赤鬼に見立ててよりイトーヨーカドーの恵方巻ご予約開始]}} - [[イトーヨーカ堂]] 2012年12月20日</ref>、鬼を食べて11・12・15鬼退治と多くするという意味だともいわれる場合<ref name="gengokousai20100122"/><ref name="yamagata20130202"/><ref name="ito20121220"/>もある
 
[[大阪弁]]による表現<ref name="weblio"/>である「丸かぶり」という言葉から、元々は商売繁盛家内安全を願うものではなかった、との考察もある<ref>{{Cite web|author=大月隆寛|date=2008-01-29|url=http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080129/trd0801290250000-n1.htm|title=【断 大月隆寛】「豆まき」の復権を|work=MSN産経ニュース|publisher=[[産経新聞]]|language=日本語|archiveurl=http://web.archive.org/web/20080201093004/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080129/trd0801290250000-n1.htm||archivedate=2008-02-01|accessdate=2013-02-03}}</ref>。
 
=== 大正時代 - 戦前 ===
[[大正|大正時代]]初期に大阪の[[花街]]で、節分の時期に漬けあがる[[寿司#主な巻き寿司|新香巻]]を使った海苔巻きを恵方に向かって食べる風習があった<ref name="kutsuzawa"/><ref name="all20060124">{{Cite web|author=三浦康子|date=2006-01-24|url=http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20060124A/index2.htm|title=節分1:恵方巻(丸かぶり寿司)の謎を解明 - 仕掛けたのは誰?恵方巻きのルーツを探ってみましょう|work=暮らしの歳時記|publisher=[[All About]]|language=日本語|accessdate=2013年2月2日}}</ref>。
 
[[1932年]]([[昭和]]7年)、大阪鮓商組合や海苔協会が海苔などの販売促進の目的で「節分の丸かぶり寿司」に関する[[チラシ]]を配布し宣伝を行った<ref name="hokkaido-bunkyodai"/><ref name="kousai20100122"/><ref name="all20060124"/>。
 
[[1940年]](昭和15年)、大阪鮓商組合後援会にて「節分の丸かぶり寿司」に関するチラシを発行(当時の価格は1本20[[銭 (曖昧さ回避)|銭]])<ref name="hokkaido-bunkyodai"/><ref name="kousai20100122"/>。
 
これらの要因から、大正時代から昭和時代初期には既に存在し、大阪の一部地域で定着して風習化され<ref name="kutsuzawa"/><ref name="suumo"/>、寿司業界がそれを利用して古くからの伝統であるという触れ込みで販売促進活動するといった動向に至った<ref name="kutsuzawa"/>。
 
=== 戦後の大阪における展開 ===
 
[[1955年]](昭和30年)頃、「[[元祖たこ昌]]」代表取締役・山路昌彦が当時行っていた海苔販売の促進活動の一環として恵方巻を考案<ref name="hokkaido-bunkyodai"/><ref>{{Cite journal|和書|date=2004年1月20日号|title=特集 - 関西うまい店トリビアの泉|journal=[[KANSAI1週間]]|issue=126|pages=109ページ|quote=山路本人の発言}}</ref>。
 
昭和40年代前半には、大阪の海苔問屋協同組合とすし組合が連携し、行事普及活動の一環として[[飛行機]]をチャーターして[[ビラ]]を撒いた<ref name="kutsuzawa"/>{{#tag:ref|経費過多により1回のみ実施<ref name="kutsuzawa"/>。|group="注"}}。
 
[[1969年]]に篠田統<ref group="注">1899年(明治32年)9月21日生まれ。大阪出身であり大阪学芸大(現・[[大阪教育大学]])教授を務めた食物史研究の権威。1978年(昭和53年)没([http://kotobank.jp/word/%E7%AF%A0%E7%94%B0%E7%B5%B1 篠田統【しのだ-おさむ】] - [[コトバンク]])。</ref>は著書『すしの本』(1970年発行)<ref name="shinoda">篠田統『すしの本』ISBN 978-4006030704 「おもに花街で行なわれ」「もちろん、私も初耳」「普通の町家ではあまりやらないようだ」</ref>で{{Quotation|「節分と巻きずし」<br/>
[[2000年代]]に入ると全国の各コンビニで販売促進キャンペーンが行われている<ref name="hatena">{{Cite web|author=稲葉ほたて|date=2010-02-01|url=http://b.hatena.ne.jp/articles/201002/780|title=今年の恵方はどこ? 恵方巻きの由来と“正しい”食べ方|work=はてなブックマークニュース|pages=コラム|publisher=[[はてなブックマーク]]|language=日本語|accessdate=2010年2月5日}}</ref><ref name="hokkaido-bunkyodai"/><ref>[http://db.g-search.or.jp/sideb/column/20050128.html ついに全国区デビュー!2月3日は「恵方巻き」] - G-Search "side B" 2005年2月28日</ref>。
 
スーパーマーケットでは、[[ダイエー]]が関西地方において[[1980年代]]頃には販売を行っており、関東地方の一部地域では[[1990年代]]前半から販売開始、[[ジャスコ]]では[[1992年]](平成4年)から全国同時に販売を開始<ref name="ex20060202">{{Cite web|author=古屋江美子|date=2006-02-02|url=http://www.excite.co.jp/News/bit/00091138842328.html|title=関西人以外も恵方巻きを食べているのか?|publisher=[[エキサイト|エキサイトニュース]]|language=日本語|accessdate=2012年10月17日|archiveurl=http://megalodon.jp/2012-1017-0033-09/www.excite.co.jp/News/bit/00091138842328.html|archivedate=2012年10月17日}}</ref>、などのように[[小売|同小売]][[業態]]でも宣伝活動が行われるようになった<ref name="kousai20100122"/>。2000年代以降は地方の小規模スーパーや個人経営店も参入する動きがある<ref name="yamagata20130202"/>。
 
売上・販売数量において、[[2007年]]の日本全体での販売本数は約3000万本であった<ref>{{Cite book|和書|author = 鷲巣力 |title = 公共空間としてのコンビニ 進化するシステム24時間365日 |date = 2008-10-25 |publisher = 朝日新聞出版 |location = 東京 |series = 朝日選書 847 |language = 日本語 |isbn = 978-4-02-259947-6 |page = 129 |quote = 全国ではこの時期に三○○○万本の恵方巻きが販売されるという報道もあった(『伊勢志摩経済新聞』二○○八年二月四日)。}}</ref><ref>{{Cite web|date=2008-02-04|url=http://iseshima.keizai.biz/headline/374/ |title=伊勢の老舗海苔問屋に「恵方巻き」特需-コンビニでの拡販背景に |publisher=伊勢志摩経済新聞|accessdate= 2012年10月17日|quote=昨年の「恵方巻き」の消費本数は約3,000万本(全国のノリの総生産枚数は約95億枚、全国漁業協同組合連合会調べ)だったという。}}</ref>。[[2008年]]では[[2月2日]]と2月3日の2日間において、コンビニ大手3社で約700万本を売り上げ、セブン-イレブンだけで388万本が売れたという<ref>{{Cite book|和書|author = [[鷲巣力]] |title = 公共空間としてのコンビニ 進化するシステム24時間365日 |date = 2008-10-25 |publisher = [[朝日新聞出版]] |location = [[東京]] |series = [[朝日選書]] 847 |language = [[日本語]] |isbn = 978-4-02-259947-6 |page = 129}}</ref>。
 
=== 各季節の恵方巻における販売促進活動 ===
関連する新たな展開として、2010年からは節分が2月だけではなく年に4回あることに着目した一部の店舗が、2010年から「春の恵方巻」(5月)、「夏の恵方巻」(8月)、「秋の恵方巻」(11月)発売する動きが出てきているを開始した<ref>[http://ryutsuu.biz/commodity/c110422.html イオン / 11月6日「秋の節分」で恵方巻を販売] - 流通ニュース 2010年11月4日</ref><ref>{{Cite web|author=|date=2010-11-04|url=http://www.nikkan.co.jp/newrls/rls20101104o-09.html|title=イオン、食欲の秋を楽しむ「秋の節分 イオンの恵方巻」を発売|publisher=[[日刊工業新聞]]|language=日本語|accessdate=2011年11月8日}}{{リンク切れ|date=2013年1月}}</ref>。
 
2011年、夏の恵方巻はスーパーマーケットやコンビニ業界で行われた<ref name="joshi"/>。スーパー関係では引き続きイオン<ref name="joshi">[http://joshiplus.jp/gourmet/news/2000089/ 「夏も恵方巻き」イオンとファミマが展開] - JOSHI+(オリコン)2011年7月23日</ref>、コンビニ関係ではファミリーマート<ref>[http://stock.searchina.ne.jp/data/disp.cgi?id=593442 ファミリーマート(8028)、「夏の恵方巻」の予約販売を開始] - [[サーチナ]]経済ニュース 2011年7月22日</ref>が新たに展開を始めた。
 
2012年、夏の恵方巻では新規参入が増えて幅広く行われた<ref name="na1">[http://www.shopbiz.jp/fc/news/113486.html 夏の節分にも恵方巻き、具材に海鮮やピリ辛牛肉。] - 日経メッセ・日本経済新聞朝刊 2012年8月3日</ref>。スーパー関係では引き続き展開しているイオンでは[[ドラえもん]]を利用した商品を発売したり、新たに[[サミット]]や[[ヤオコー]]などが夏の恵方巻に参入<ref name="na1"/>。コンビニ関係では引き続き夏の恵方巻を展開しているファミリーマートに加え、[[セブンイレブン]]や[[サークルKサンクス]]も追随するなど、年々動きが広がっている<ref name="na1"/>。
 
== 便乗商品 ==
 
また、[[円柱 (数学)|円柱状]]が類似しているだけで本来の太巻きとは全く関係が無い食べ物においても恵方巻的な商品が各種展開され、[[ロールケーキ]]<ref>[http://www.sankei-kansai.com/2013/01/09/20130109-063362.php 「恵方ロールケーキ」発売 ホテル大阪ベイタワー] - [[産経新聞大阪本社]] 産経関西ニュース 2013年1月9日 2013年2月1日閲覧</ref><ref>[http://www.gifu-np.co.jp/hot/20130124/201301241046_7033.shtml “恵方巻スイーツ”いかが 恵那川上屋が太巻きロール販売] - [[岐阜新聞]] 2013年01月24日 2013年2月1日閲覧</ref><ref group="注">[[2007年]](平成19年)1月にはセブン-イレブンから「丸かぶりロールケーキ」を発売。[[2011年]](平成23年)には[[不二家]]も恵方巻きロールを発売。</ref><ref group="注">[[フィクション]]では、「[[OSたん]]」では、慌て者の[[Microsoft Windows Millennium Edition|WindowsMe]]たんが早とちりして恵方巻ではなくロールケーキをかぶりつくというネタがあったが、便乗商品という形で単なるネタではなくなったことになる。</ref>や形状さえ似ていない[[ワッフル]]<ref name = KOBE-SHINNBUNN.201301301549/>などの[[洋菓子]]<ref name="oricon">{{Cite news |title=恵方巻き特需? お菓子やパンも“西南西向いて”カブリつき |url=http://gourmet.oricon.co.jp/73027/full/ |newspaper=オリコン |date=2010-02-03 |accessdate=2013-01-28 |archiveurl=http://wayback.archive.org/web/20120611222655/http://gourmet.oricon.co.jp/73027/full/ |archivedate=2012-06-11}}</ref>、[[かす巻]]などの[[和菓子]]<ref>[[長崎県]]の[[美弥光製菓]]から[http://www.miyakoseika.co.jp/commodity/ 恵方かす巻き(つぶあん)] が発売。</ref><ref name="suumo"/>、[[江崎グリコ]]から「節分かぶりつきシリーズ」として[[ポッキー]](鬼の金棒モチーフ<ref>{{Cite web|author=グリコのランナー|date=2009-01-23|url=http://glico-club.net/blog/blog.asp?d=s&c=320417446|title=かぶりつきジャイアントポッキー〈きなこ味〉|work=グリコクラブ|pages=週刊グリコ新聞|publisher=[[江崎グリコ]]|language=日本語|accessdate=2010年2月5日}}</ref>)・[[プリッツ]]・[[コロン (菓子)|コロン]]などの一般菓子<ref name="oricon"/>、[[パン]]・[[トルティーヤ]]・[[サンドイッチ|ロールサンド]]・[[オムライス]]・[[包餅]]などの[[料理]]<ref name="oricon"/><ref>{{Cite web|date=2010-01-27|url=http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/info_box/article.aspx?id=20100127000077|title=リーガホテルゼスト高松で恵方巻フェア|work=香川ニュース|publisher=[[四国新聞]]|language=日本語|accessdate=2010年2月5日}}</ref><ref>{{Cite web|author=カシハラ@姐御|date=2009-01-21|url=http://www.excite.co.jp/News/bit/E1232341109669.html|title=恵方巻きの進化系でも福を呼べる!?|publisher=[[エキサイト|エキサイトニュース]]|language=日本語|accessdate=2010年2月5日}}</ref>を恵方巻仕様の商品に仕立て便乗して販売する事例が存在している。ファーストフード業界では[[日本ケンタッキーフライドチキン]]がレギュラーメニューの一つであるツイスターを恵方巻き替わりに奨めるPRを2000年代末期以降に実施しているほか、パンや[[サンドウィッチ]]などにおいても便乗商品が見られる<ref name = KOBE-SHINNBUNN.201301301549/>。
 
== 夏の恵方巻き ==
ドラえもんを利用したイオン<ref>[http://joshiplus.jp/gourmet/news/2000089/ oricon]</ref>とファミリーマート<ref>サーチナ経済ニュース 2011/07/22(金)15:57</ref>、セブンイレブンなど各社が「夏の恵方巻き」を売り出そうと宣伝を始めている。また、サークルKやスーパーサミット<ref name="na1">[http://www.shopbiz.jp/fc/news/113486.html Nikkei]</ref>、そしてヤオコー<ref name="na1" />も追随し、[[夏]]にも恵方巻きの売り出しが行われている<ref>2012年8月3日 日本経済新聞 朝刊</ref>。
 
== 脚注 ==
3,313

回編集