「山岸舞彩」の版間の差分

出典と担当範囲の記述、局名を後ろに
(出典と担当範囲の記述、局名を後ろに)
大学入学後に[[モデル (職業)|モデル]]としてデビューし、[[2005年]](平成17年)[[秋]]には[[2006年]][[東レ水着キャンペーンガール]]に選出された<ref name="nikkansports20120727"/>。
 
2006年(平成18年)春からは[[テレビ東京]]『[[激走!GT]]』([[テレビ東京]])で1年間[[リポーター]]を務めた。同番組への出演がきっかけでモータースポーツに興味を示すようになり、後にナビゲーターを務める世界ラリー選手権の番組では解説者に対し玄人ばりの鋭いツッコミを入れることもある。またプライベートでレース観戦にも行くようになった。ドラマでは、2006年秋の[[テレビ朝日]]『[[だめんず・うぉ〜か〜 (テレビドラマ)|だめんず・うぉ〜か〜]]』([[テレビ朝日]])、[[2007年]](平成19年)[[春]]、[[日本放送協会|NHK]]木曜時代劇『[[柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い]]』([[日本放送協会|NHK]]、第3回 のぶ役)に出演した。
 
2007年秋にアンジェリックから現在の[[芸能事務所]]であるセント・フォースに移籍し、2007年秋~2009年春にテレビ朝日『[[やじうまプラス]]』(テレビ朝日)で[[天気予報]]や[[交通情報]]の[[キャスター]]を担当した。
 
2009年(平成21年)からサッカー番組を担当。初めはサッカーの知識が全くなかったが、キャスターの[[役作り]]のために資料付けや試合会場・練習場通いを始めた。その甲斐もあり、専門家以上の知識を習得するまでに到ったという。<ref>[http://web.archive.org/web/20110719193712/http://gendai.net/articles/view/geino/130243 2011年4月28日 日刊ゲンダイ(インターネット・アーカイブ)]</ref>
</ref>。
 
[[2013年]]4月から、[[NEWS ZERO]]([[日本テレビ]])にニュース番組である[[NEWS ZERO]]に進行及びカルチャー担当キャスターとして出演する<ref>{{Cite web |date=2013-02-07|url=http://mainichi.jp/sponichi/news/20130207spn00m200015000c.html|title=山岸舞彩:「NEWS ZERO」キャスター決!美脚封印|publisher=毎日新聞|accessdate=2013-02-07}}</ref>
 
== エピソード ==
1,029

回編集