「広瀬久忠」の版間の差分

一部修正。
(一部修正。)
'''広瀬 久忠'''(ひろせ ひさただ、[[1889年]](明治22年)[[1月22日]] - [[1974年]](昭和49年)[[5月22日]])は日本の[[官僚]]、[[政治家]]。
 
== 生涯来歴・人物 ==
[[山梨県]]生まれ。広瀬家は塩山([[甲州市]][[塩山市|塩山]])の旧家で、[[広瀬久政|久政]]の長男として生まれる<ref>広瀬家資料は[[山梨県立博物館]]に収蔵。</ref>。久政次男の勝丸は御坂([[笛吹市]][[御坂町]])の網野家の養子となり<ref>勝丸の子で久忠の甥には、歴史学者の[[網野善彦]]がいる。</ref>、三男の[[名取忠彦]]は甲府商家[[名取忠愛]]の婿養子となり、戦後に[[山梨中央銀行]]頭取として、山梨県政にも影響力を持つ。久忠妻の祖父は[[杉孫七郎]]。
 
 
日本国憲法下では[[改憲]]を熱心に主張し、[[新憲法制定議員同盟|自主憲法期成議員同盟]]の初代会長に就任。また天皇の「首位」化、軍の創設、参議院の機能強化、[[基本的人権]]の限界規定などを主な特徴とする「広瀬試案」を発表した。
 
1974年(昭和49年)5月22日死去。[[享年]]85。
 
== 脚注 ==
{{Succession box
| title = {{flagicon|JPN}} [[事務次官等の一覧#内務次官|内務次官]]
| years = 第40代:1937年 - 1937
| before = [[篠原英太郎]]
| after = [[羽生雅則]]
{{内閣官房長官}}
{{内閣法制局長官}}
{{東京都知事|1945-1946}}
 
{{DEFAULTSORT:ひろせ ひさたた}}
[[Category:日本の閣僚経験者]]
匿名利用者