「類 (アクセント)」の版間の差分

編集の要約なし
:六類…うさぎ・蛙・<u>からす</u>・きつね・すずめ・背中・<u>高さ</u>・ねずみ・みみずなど
::院政期京都で低高高 現代京都で低低高/低低低(高) 東京で低高高(高)
:七類…<u>いちご</u>・<u>後ろ</u>・かぶと・<u>鯨</u>・<u>薬</u>・便り・病まい・椿・<u>たらい</u>・<u>からし</u>・蚕など
::院政期京都で低高低 現代京都で低高低(低) 東京で高低低(低)
 
匿名利用者