「アミーン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
編集の要約なし
[[ハールーン・アッラシード]]の次男。兄に[[マームーン]]がいたが母が[[イラン人]][[奴隷]]出身であったためアミーンに家督が回って来た。兄弟の争いが絶えず、[[813年]]に[[暗殺]]される。死後、兄マームーンにカリフ位を譲ると密約していたが、その約束を破り子に譲ろうとしたため、[[内乱]]を招く。
歴代カリフの中でも最高峰の文化人の一人で、国内の国際文化を奨励し、また自らも教養豊かな人物であったとされる。
 
 
 
<center><table border = 1><tr><td width = 30% align = center>先代<br>[[ハールーン・アッ=ラシード]]<td width = 40% align = center>[[アッバース朝]]<td width = 30% align = center>次代<br>[[マームーン]]</table></center>
匿名利用者