「浮遊粒子状物質」の版間の差分

(Unreferenced、統合提案(ノート:粒子状物質参照))
 
==概要==
日本の[[環境基準]]の測定の対象になるものの定義としては、粒径10μm以下のものとされている<ref>「大気の汚染に係る環境基準について」(昭和48年5月8日環境庁告示25号)[http://www.env.go.jp/kijun/taiki.html 大気汚染に係る環境基準]2013年2月9日閲覧}}</ref>
発生源は工場の[[ばい煙]]、[[自動車]][[排気ガス]]などの人の活動に伴うもののほか、自然界由来([[海塩]]の飛散、[[火山]]、[[森林]]火災など)のものがある。