「新町紡績所」の版間の差分

編集の要約なし
内務省から[[農商務省 (日本)|農商務省]]に所管が移った後、[[1887年]](明治20年)に三井組に譲渡され、いくつかの会社の手を経て[[1911年]](明治44年)に[[クラシエホールディングス|鐘淵紡績]](現・[[クラシエホールディングス]])に譲渡された。
 
鐘紡に譲渡された前後から紡績絹糸の評判が高まり、地元伊勢崎の[[伊勢崎銘仙]]の原料などとしてひろく使われた。このため[[1917年]]([[大正]]6年)には工場の大拡張が行われた。その後、大正 - 昭和期にも業績を伸ばし、製糸工場なども併設された。[[第二次世界大戦]]で一時的に生産が落ち込んだが、戦後は合成繊維の分野にも進出、最盛期には約5万坪の敷地に3000人以上の従業員の働く一大工場となった。しかし[[1970年代]]頃から繊維産業全体の退潮期を迎え、[[1975年]]([[昭和]]50年)に絹糸紡績は廃止された。その後は製糸、合繊も廃止となり、食品工場に転用されたものの工場規模は年々縮小された。
 
== 建造物の現状 ==
現在クラシエフーズの所有している約2万坪の敷地内には、創業時の工場を始め、明治30年代のレンガ倉庫、40年代の木造のこぎり屋根工場、大正 - 昭和期と思われる鉄筋コンクリートののこぎり屋根工場、変電室など歴史的な建物が数多く残っている。特に山添喜三郎が設計した創業時の工場は、木造平屋(約500坪)で、一部に改造はあるものの、建設当初の構造がほぼそのまま完全に残り、外壁は中庭部分を除く部分、屋根もほぼ全部が1877年(明治10年)と推定されている(コの字形の建物の中庭に[[1907年]](明治40年)の拡張工事による増築部分がある)。
 
親会社のクラシエは、[[産業再生機構]]の支援下での企業再建を経て化粧品部門が[[カネボウ化粧品]]として独立、残った部門は国内ファンド3社が出資した新会社の傘下に再編された。地元旧新町地区では、再発見されたこの貴重な[[近代化遺産]]を守るため、住民の保存運動が開始され活発な活動が行われている。
[[Category:日本の繊維工業]]
[[Category:日本の工場]]
[[Category:高崎市の歴史]]
[[Category:クラシエ]]