メインメニューを開く

差分

+Temp,+it:,+en:
{{博物館
'''キヨッソーネ東洋美術館'''('''Museo d'Arte Orientale''')は、[[イタリア]]の[[ジェノヴァ]]市にある東洋美術を主とする[[美術館]]である。
|名称 = キヨッソーネ東洋美術館
|native_name_lang = it
|native_name = Museo d'arte orientale Edoardo Chiossone
|画像 =
|imagesize = 300
|alt =
|画像説明 =
|正式名称 =
|愛称 =
|前身 =
|専門分野 = 東洋美術、日本美術
|収蔵作品数 =
|来館者数 =
|館長 =
|学芸員 =
|研究職員 =
|事業主体 =
|管理運営 =
|年運営費 =
|建物設計 =
|延床面積 =
|開館 =
|閉館 =
|所在地郵便番号 =
|所在地 = {{ITA}} Villetta Dinegro - Piazzale Mazzini, 4 - 16122 Genova
|位置 = {{ウィキ座標2段度分秒|44|24|39.2|N|8|56|13.7|E|region:IT|display=inline,title}}
|アクセス =
|URL =http://www.museidigenova.it/spip.php
}}
 
'''キヨッソーネ東洋美術館'''('''Museo d'Arte Orientale Edoardo Chiossone''')は、[[イタリア]]の[[ジェノヴァ]]市にある東洋美術を主とする[[美術館]]である。
 
== 概要 ==
日本の招きにより[[お雇い外国人]]の一人として、[[明治]]8年([[1875年]])1月12日に来日した[[エドアルド・キヨッソーネ]]は[[国立印刷局|大蔵省印刷局]]に着任、主に偽造防止の[[紙幣]]制作の指導などにあたる傍ら、多くの日本美術品を収集した。それらの展示のために設立されたのが、キヨッソーネ東洋美術館であった。当初、[[アルフレード・ルグソーロ]]により、[[1905年]]にリグーリア美術学校の三階の美術館に設置され、[[1940年]]までこの建物において開館していたが、1940年の[[第二次世界大戦]]布告の直後、キヨッソーネ東洋美術館はジェノヴァ市の責任、負担のもとに疎開、大戦後にはキヨッソーネの遺言通り、市の所有となっている。その後、ジェノヴァ市はキヨッソーネの遺言に従って、コレクションを恒久的に保存するのにふさわしい建物の設計・建設を審議した。その結果、建設予定地はヴィレッタ・デイ・ネグロ公園内に決定、[[1953年]]に建設に着工をし、[[1970年]]に完成している。そして、翌[[1971年]]5月7日に開館、以来、広く一般に公開されている。
[[Category:肉筆浮世絵]]
[[Category:ジェノヴァ]]
 
[[it:Museo d'arte orientale Edoardo Chiossone]]
[[en:Edoardo Chiossone Museum of Oriental Art]]
37,343

回編集