「ヘテロフォニー」の版間の差分

lk
m
(lk)
'''ヘテロフォニー'''は音楽の[[テクスチュア]]の一種で、[[モノフォニー]]の複雑化したもの。つまり、同一の[[旋律]]を奏でる様々な奏者や歌手が、任意で別々に動いたり、[[リズム]]や[[テンポ]]を微妙にずらしたりすることで異なった装飾や音型が生じ、偶発的に瞬間的な[[ポリフォニー]]を生ずるようになったもの。厳密に言えば、各声部が独立性持ったポリフォニーと峻別するために使われる語であるが、一種のポリフォニーや、あるはモノフォニーからポリフォニーへの過渡的な形態と見なすことも可能ではある。しかしながら、首尾一貫して独立している声部が存在しないこと(基本的には同一の旋律からの「逸脱」)、ヘテロフォニーにおける一時的な「定旋律」と「対旋律」の相互関係が必ずしも対等でないことなどから、ポリフォニーとの相違点がないわけではない。「ヘテロフォニーの響きの層」は、特に[[アジア]]の[[民族音楽]](とりわけ古い宮廷音楽)において特徴的であり、[[雅楽]]や[[ガムラン]]などで、旋律線から逸脱する部分を確認することができる
 
厳密に言えば、各[[声部]]が独立性を持つポリフォニーと峻別するために使われる語であるが、ポリフォニーの一種と見なしたり、あるいはモノフォニーからポリフォニーへの過渡的な形態と見なしたりすることも可能ではある。しかしながら、首尾一貫して独立している声部が存在しないこと(基本的には同一の旋律からの「逸脱」にすぎない)、ヘテロフォニーにおける一時的な「定旋律」と「対旋律」の相互関係が必ずしも対等でないことなどから、ポリフォニーとの相違点がないわけではない。「ヘテロフォニーの響きの層」は、特に[[アジア]]の[[民族音楽]](とりわけ古い宮廷音楽)において特徴的であり、[[雅楽]]や[[ガムラン]]などで、旋律線から逸脱する部分を確認することができる。
 
「ヘテロフォニー」という語は、[[プラトン]]の造語であって元は音楽用語ではなく、世界中のさまざまな領域に使われていた。
中世ヨーロッパの作曲技法「[[ホケトゥス]]」は、意識的に活用されたヘテロフォニーである。
 
[[ベンジャミン・ブリテン]]は、《放蕩息子》や《カーリュー・リヴァー》、《[[戦争レクイエム]]》などの宗教的な作品において、ヘテロフォニーを非常に効果的に用いている。また、ポスト・モダンやポスト・コロニアルの潮流にくわえて、[[新ロマン主義音楽|音楽界における新ロマン主義]]の復権のなか、ヘテロフォニーの積極利用が見直されるようになり、った。日本人作曲家では[[西村朗]]の《永遠なる混沌の光の中へ》や[[吉松隆]]の《鳥のヘテロフォニー》といった作例が見出される。
 
 
17,621

回編集