「天津敏」の版間の差分

→‎来歴: 削除で生じた文章の不都合と赤字表記を修正。
m
(→‎来歴: 削除で生じた文章の不都合と赤字表記を修正。)
 
== 来歴 ==
両親及び兄弟はすべて教員という一家に育つ。[[宮城師範学校|宮城県師範学校]]を卒業後、教職に就く。戦時中は海軍で少年水兵の教官の職にあった。[[1944年]]にかね子夫人と結婚。天都性となる。戦後は教職から離れ、鎌倉の夫人の実家の工場を手伝い、水道工事などの仕事をしていた。[[1953年]]、[[鎌倉]]に居を構え、32歳にして[[東宝]]のニューフェースとして映画界入り。[[東京映画]]制作の作品に出演。その後[[1955年]]に[[TBSテレビ|TBS]]のオーディションに合格。テレビ黎明期の生放送時代劇に出演し始める。[[1959年]]、テレビドラマ『[[豹の眼]]』を皮切りに、[[宣弘社]]のテレビ作品でレギュラーの悪役として起用され、役名の付かない端役俳優から悪役俳優へと転身する。[[1963年]]、[[忍者]]ブームを巻き起こしたテレビドラマ『[[隠密剣士]]』では[[風魔小太郎]]に扮しを演じ悪役俳優として広く認知される。この時42歳だった。[[1964年]]、[[東映]]作品初出演となった『[[忍者狩り]]』(主演:[[近衛十四郎]]、監督:[[山内鉄也]])で演じた「闇の蔵人」の演技が、映画の『隠密剣士』を手がけたプロデューサー・[[俊藤浩滋]]や映画監督・[[マキノ雅弘]]の眼に止まり、後藤がこの当時手がけ始めた[[ヤクザ映画|任侠映画]]に天津を起用、以後、敵役の常連として欠くことのできない存在となり、時代劇でも悪役スターとして活躍数多くの作品に出演した。
 
[[1979年]]6月、[[脳内出血]]に倒れ、[[7月24日]]、心不全で死去。{{没年齢|1921|2|16|1979|7|24}}。[[1981年の映画|1981年]]に[[欧米]]で封切り公開された映画『[[武士道ブレード]]』が遺作となった。