「京の七口」の版間の差分

:[[八瀬]]、[[大原 (京都市)|大原]]を経て[[朽木村|朽木]]、[[若狭国|若狭]]につながる[[鯖街道|若狭街道]](別名鯖街道)がのびていた。<br />御土居の出入口が河原町今出川交差点の西側にあった。寺町今出川付近に「大原口町」の地名が残っている。
=== 荒神口、今道の下口 ===
:[[北白川]]から、[[崇福寺跡|崇福寺]]に通ずる志賀峠を経て、[[琵琶湖]]・[[西近江路]]へとつながる山中越([[京都府道・滋30号下鴨大津線|山中越]](志賀越]]、今道越、白川越とも言われた)がのびていた。<br />[[河原町通]]の交差点名として「荒神口」の地名が残っており、御土居の出入口もその西側に位置していた。
 
=== 粟田口、三条口 ===
:[[東海道]]・[[中山道]]がのびていた。<br />御土居が設けられたのは鴨川[[三条大橋]]の西岸(河原町三条交差点の西側)であるが、近世以前に鴨川の東岸に関が設けられたことがあり、蹴上の近くに粟田口という地名が残っている。粟田口の近くにある[[粟田神社]]は「旅立ちの神」として信仰された。