「荒神口通」の版間の差分

(+京の七口など)
[[御所]]から[[比叡山]]への最短の経路で、鴨川を徒渉し東岸を東やや北へ向かう[[志賀越道]]に道をとった。
 
名前の由来は、[[京の七口]]のひとつであり、河原町通との交差点名ともなっている'''荒神口'''から。荒神の名は、寺町通東入の[[護浄院]]に[[三宝荒神]]がまつられていることによる。
 
== 沿道の主な施設 ==
* [[近衛通]](東につながる通り)
* [[志賀越道]](東北につながる通り)
* [[出水通]](京都御苑を隔てた西のほぼ延長線上に位置する通り)
* [[御土居]]
 
{{京都市内の東西の通り
784

回編集