「橋 (脳)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: ar:جسر (تشريح))
m編集の要約なし
| MeshName = Pons
}}
'''橋'''(きょう、[[[ラテン語|拉]]]''pons'') は、[[脳]]の部位の一つ。[[脳幹]]に含まれ、前後を[[中脳]]と[[延髄]]とに挟まれる。[[第四脳室]]の腹側壁をなし、す。第四脳室をはさんで背側には[[小脳]]がある。
 
前腹側から脳幹の外観を観察すると、小脳の腹側からのびた強大な線維束(中小脳脚)が、脳幹の一部を乗り越え、これをつつむように盛り上がってみえることから、この部位を小脳からでた「[[橋]]」にみたてて、この名がついた。
 
多くの脳神経核が存在し、[[三叉神経]]、[[外転神経]]、[[顔面神経]]、[[聴神経]]といった多くの脳神経核が存在する。[[脳神経]]が出る部位である。脳幹を経由する多くの伝導路が通過する他、大脳皮質からの運動性出力を[[橋核]]、中小脳脚を経由して、小脳へと伝える経路などが存在する。
 
== 画像 ==
418

回編集