「天津敏」の版間の差分

→‎来歴: 一部書き替え
m (適切な引数へ移動。)
(→‎来歴: 一部書き替え)
 
== 来歴 ==
両親及び兄弟はすべて教員という一家に育つ。歌と水泳が得意な少年だったという<ref name = "Bikenshi">{{Cite web |author=中田雅喜 |authorlink=中田雅喜 |coauthors= |date= |url=http://homepage1.nifty.com/bikenshi/amatu/amatu.html |title=敏ちゃんってどんな人?|format= |doi= |work=BIKENSHI |publisher= |page= |pages= |language= |archiveurl= |archivedate= |accessdate=2013-2-12 |quote= |ref=}}</ref>。[[宮城師範学校|宮城県師範学校]]を卒業後、教職に就く。戦時中は海軍で少年水兵の教官の職にあった。[[1944年]]に結婚婿養子となり姓を'''天都'''とした。戦後は教職から離れ、[[鎌倉]]の夫人の実家の工場を手伝い、水道工事などの仕事をしていた。鎌倉に居を構えた[[1953年]]に、32歳で[[東宝]]ニューフェイスとして映画界入りした<ref name = "Bikenshi"/>。[[東京映画]]制作の作品に出演するが端役ばかりだった。[[1955年]]に[[TBSテレビ|TBS]]のオーディションに合格。テレビ黎明期の生放送時代劇に出演し始める。役名の付かない端役を経て、[[1959年]]のテレビドラマ『[[豹の眼]]』を皮切りに[[宣弘社]]制作のテレビ作品でレギュラーの主に[[悪役]]として活躍したする。[[忍者]]ブームを巻き起こしたテレビドラマ『[[隠密剣士]]』でも第1部から出演しているが、[[1963年]]の第5部で演じた[[風魔小太郎]]が初の当たり役となった<ref name = "Bikenshi"/>。
 
[[1964年]]には[[東映]][[オリジナル]]作品初出演となった『忍者狩り』(主演:[[近衛十四郎]]、監督:[[山内鉄也]])で演じた敵方の頭目、闇の蔵人が、映画『[[隠密剣士#映画|隠密剣士]]』を手がけたプロデューサー・[[俊藤浩滋]]や映画監督・[[マキノ雅弘]]の眼に止まる。俊藤は[[ヤクザ映画|任侠映画]]にも天津を起用、東映任侠映画・[[敵役]]の常連となり、1970年代の[[千葉真一]]や[[志穂美悦子]]らの主演による[[アクション映画]]作品でも主人公を追い詰める強敵・難敵を演じている<ref name = "Bikenshi"/>。
 
時代劇でも悪役スターとして数多くの作品に出演しており、『[[水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)|水戸黄門]]』第5部([[1974年]]、[[TBSテレビ|TBS]])では[[鉄羅漢玄竜]]<ref group="注釈">{{要出典|date=2013年2月|42年に及ぶ同ドラマ史上最強の[[刺客]]とされる。}}</ref>、『[[仮面の忍者 赤影]]』第1部・第2部([[1967年]]、[[関西テレビ放送|関西テレビ]])の甲賀幻妖斉などが代表的な悪役・敵役である。対照的に善人役では『[[快傑ハリマオ]]』第5部([[1961年]]、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]])でハリマオの仲間で正義感あふれる熱血漢・村雨五郎や、[[1976年]]の[[日本放送協会|NHK]][[連続テレビ小説]]『[[火の国に]]』([[1976年]])では、[[鈴鹿景子]]演じるヒロインを陰に陽に支える好人物・長谷川社長に扮するなど、悪役・敵役に留まらず幅広い役柄を演じた。
 
[[1979年]]6月、[[脳内出血]]に倒れ、[[7月24日]]、心不全で死去。{{没年齢|1921|2|16|1979|7|24}}。[[1981年の映画|1981年]]に[[欧米]]で封切り公開された映画『[[武士道ブレード]]』が遺作となった。