メインメニューを開く

差分

[[十月革命]]後、[[1924年]]にA・スー&K社は国有化され、革命における労働者の貢献を記念して社名を「[[ボリシェヴィキ|ボルシェビク]]」に改名した。[[1927年]]に化粧品など菓子製造事業を除く全事業が切り離され、小麦粉菓子の専業メーカーに改組。戦後[[1952年]]から工場の[[オートメーション]]化に着手し、[[ビスケット]]製造ラインに独自開発の機器を次々と投入するなどして生産性の向上を図った結果、[[1960年代]]には生産量で[[ヨーロッパ]]最大の製菓工場に成長した。
 
[[1971年]]、第九次[[五カ年計画]]早期達成の功績でソ連[[最高会議]]の[[レーニン勲章]]を受章した。[[1970年代]]には、ロシア風菓子の製造販売を手がけていた[[大阪府]][[豊中市]]の[[パルナス製菓]]の招きで、国家重要行事の記念ケーキ製造を指揮していた[[社会主義労働者英雄|食品業界社会主義労働者英雄]]称号を持つ女性職長({{lang|ru|бригадиру рабочих}})のイェヴドキヤ・アンドレーヴナ・オージナ({{lang|ru|Евдокия Андреевна Ожина}})<ref>週刊『オゴニオク』({{lang|ru|«Огонёк»}}1970年第6号(レーニン勲章プラウダ印刷所出版、1970年2月7日付</ref>が2度にわたり同社でケーキ製法などの技術指導を行った<ref>「日本の企業『パルナス』は工場労働者を招き、社会主義労働者英雄のE・A・オージナが最高の技術を共有するため日本に赴いた」({{lang|ru|Японская фирма «Парнас» приглашает работницу фабрики, Героя Социалистического Труда Е. А. Ожину в Японию для обмена передовым опытом.}}) [http://www.kraft-bolshevik.ru/ru/about/history/ {{lang|ru|История компании}}] (公開株式会社ボルシェビク公式サイト・社史)</ref>。
 
[[市場経済]]導入後の[[1994年]]、フランス・[[ダノン]]社が出資する公開株式会社ボルシェビクとして民営化された。その後[[2007年]]に[[クラフトフーヅ]]ロシア社が買収し、同社の傘下に入った。
127

回編集