「近藤秀用」の版間の差分

編集の要約なし
m (リダイレクト回避)
'''近藤 秀用'''(こんどう ひでもち、[[天文 (元号)|天文]]16年([[1547年]]) - [[寛永]]8年[[2月6日 (旧暦)|2月6日]]([[1631年]][[3月8日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]前期にかけての[[武将]]、[[大名]]。[[遠江国|遠江]][[井伊谷藩]]の藩主。[[近藤康用]]の子。通称は勘助、登助、平右衛門。官位は従五位下、[[石見国|石見]]守。弟妹に用豊、用成、用忠、用政、中野三信(井伊掃部頭家臣)の妻、近藤用勝([[徳川頼宣]]家臣)、中川忠重の妻。子に[[近藤季用|季用]]、[[近藤用可|用可]]、[[近藤用宗|用宗]]、[[近藤用義|用義]]、米倉某の妻、[[小笠原権之丞]]室(のちに九鬼長兵衛の妻)、[[由良貞繁]]室。
 
== 経歴 ==
やがて、[[徳川四天王]]で知られる[[井伊直政]]が台頭してくると、家康の下命で寄騎として直政の片腕となった。しかし、直政の冷酷な性格に嫌気がさした秀用は、それまでの功績から家康に直臣として取り立ててくれるように嘆願したが、直政に徹底してそれを妨害された。遂には暗殺まで謀られたため、秀用は命の危険から逃れるために出奔して[[伊勢国]]に逃亡した。
 
[[慶長]]7年([[1602年]])、直政が死去すると、[[池田輝政]]の仲介により家康に召しだされて、[[上野国]]青柳に50005,000石の所領を与えられた。慶長19年([[1614年]])には[[相模国]]内で1万石を加増され、[[小田原城]]の城番となる。[[大坂の陣]]にも参陣して武功を挙げ、[[元和 (日本)|元和]]5年([[1619年]])に遠州[[引佐郡]]井伊谷へ転封。1万50005,000石の大名として井伊谷藩を立藩した。元和7年([[1621年]])には20002,000石の加増を受けている。
 
しかし所領を子の[[近藤季用|季用]]、[[近藤用可|用可]]、[[近藤用義|用義]]たちに分け与えて細分化したため、[[井伊谷藩]]は秀用一代という短期間で終焉。その後の近藤氏は[[旗本]]として徳川氏に仕えることとなった。
* [[交代寄合]]
 
 
{{井伊谷藩主|1619-1621}}
{{青柳藩主|1614-1619}}
{{井伊谷藩主|1619-1621}}
[[Category:近藤氏|ひてもち]]
[[Category:戦国武将|こんとうひてもち]]
匿名利用者