「ベトナム料理」の版間の差分

いろいろ加筆
m (少し加筆)
(いろいろ加筆)
: ベトナムで最もポピュラーな麺類の一つで、[[中華料理]]の平打ちライスヌードルの類。米麺に牛骨から取ったスープをかけ、[[牛肉]]をのせたものを「フォー・ボー」(Phở bò)、鶏スープをかけ[[鶏肉]]をのせたものを「フォー・ガー」(Phở gà)という。好みによってこれに香草や[[モヤシ|もやし]]を加えて食べる。日常的によく食べられているメニューだけに、社会生活の変化などから影響された、フォーに対する食のスタイルの広がりなども近年認められる。フォーを扱うファーストフード風のチェーン店が都市部に作られたり、またインスタント麺や[[カップ麺]]のフォーが売り出されたりしていることなどはその例といえる。
; [[ビーフン|ブン]] (Bún)
: フォーに並んで一般的な麺類がブン(ビーフン)である。生春巻きの具になるほか、次のような、さまざまな具材やスープの料理がある。
: フォーに並ぶ一般的な麺類であるビーフンで、牛肉、豚足、鴨肉などのスープの種類があり、[[もやし]]、[[竹の子]]、[[ハスイモ]]、香草などが載せられる。スープがかかっていないものは、揚げ春巻きや甘辛いタレをつけて焼いた豚肉('''チャー'''/'''ティット・ヌォン'''、Chả/Thịt nướng)、ニンジンやモヤシなどさまざまな野菜と一緒に[[ヌクチャム]] (Nứơc Cham [[魚醤|ヌックマム]]に[[ライム]]の汁、砂糖、[[ニンニク|にんにく]]、水などを加えた甘酸っぱいソース)につけながら食べる。また、'''[[ブンボーフエ]]''' (Bún Bò Huế)は、中部でポピュラーな麺で、[[ひやむぎ|冷麦]]ほどの太さの麺を用い、[[レモングラス]]と赤[[唐辛子]]を効かせるのが特徴。牛肉や豚足からだしを取ったスープをかけ、香草やもやしなどの野菜を加えるのはフォーと同じ。このブンボーフエも中部からベトナム全域に広がっている。
:*Bún móng giò: 豚足はしばしば始めに食される。mọc(豚と椎茸のつみれ)や芋茎の入ったスープ。豚足をマムトムで煮込んだものはBún giả cầyという。
:*Bún cá: 白身の焼き魚と芋茎。
:*Bún gà: 鶏肉と椎茸。
:*Bún măng vịt: 鴨肉が先に食べられる。竹の子や葱の入ったスープ。
:*Bún riêu: トマトスープに淡水蟹のすり身と揚げ豆腐がのる。Bún ốc (カタツムリ)も同様のスープ。
:*Bún chả/Bún thịt nướng: ブンの付け麺。甘辛いタレをつけて焼いた豚肉、サニーレタス、酢漬けしたニンジンや玉ねぎなどと一緒に[[ヌクチャム]] (Nứơc Cham [[魚醤|ヌックマム]]に[[ライム]]の汁、砂糖、[[ニンニク|にんにく]]、水などを加えた甘酸っぱいソース)につけながら食べる。しばしば揚げ春巻きも具材となる(Bún nem/Bún chả giò)。
:*Bún xào: 牛肉や海産物とともに炒めたブン。スープ麺、付け麺ほど一般的ではない。
:*[[ブンボーフエ|Bún bò Huế (ブンボーフエ)]]: 中部でポピュラーな麺で、[[ひやむぎ|冷麦]]ほどの太さの麺を用い、[[レモングラス]]と赤[[唐辛子]]を効かせるのが特徴。香草やもやしなどの野菜を加えるのはフォーと同じ。このブンボーフエも中部からベトナム全域に広がっている。
 
==== 春巻き ====
; 揚げ春巻き(ネムザン/チャーヨー、Nem rán/Chả giò)
: ゆでた[[エビ]]、ブン、生野菜などをバインチャンで包んだもの。[[ヌクレオ]](トゥオンのたれ)やヌクチャムにつけて食べる。
==== 飯物 ====
日本と同様に、白米とおかず、汁物が食卓に並ぶが、朝食は前述のフォーであることが多い<ref>[http://www.littlehanoi.jp/culture.html ベトナム料理と食文化] ベトナム料理ダイニング LITTLE HANOI</ref>。また、初めは別に食べていても、最終的にカインチュアなどをかけた汁かけ飯とすることが多い。なお、ベトナム米は非常に有名であり、2012年10月31日時点で、ベトナムの米輸出は世界第1位になっている<ref>[http://www.bcc-jp.com/member/news/economy/20121105-2158.html ベトナム米輸出量が世界1位に] ブルーチップ ベトナム投資ニュース</ref>。白米以外には次のような料理がある。
; [[チャオ・ガー]](Cháo gà)
; チャオ(Cháo)
: 鶏[[粥]]。人気のある朝食メニューの一つ。クァイ(Quẩy)という細長い揚げパン(中華料理の[[油条]]と同じ)をちぎって入れながら食べる。
:粥。人気のある朝食メニューの一つ。
; コム・ガー(Cơm gà)
:* [[チャオガー]](Cháo gà) 鶏粥人気のあ椎茸も入れられ朝食メニューの一つ。クァイ(Quẩy)という細長い揚げパン(中華料理の[[油条]]と同じ)をちぎって入れながら食べる。
:* チャオロン(Cháo lòng) ブタの[[もつ|内臓肉]]の入った粥。
; コムガー(Cơm gà)
: ベトナム風[[海南鶏飯]]。[[東南アジア]]の他の中華文化圏同様、チキンライスはベトナムでも人気が高い。
==== その他米粉料理 ====
; [[カインチュア]](Canh chua)
: ベトナム南部の甘酸っぱい[[スープ]]。[[ライギョ]]を用いるとカイン・チュア・カー・ロック(Canh chua cá lóc)となる。ベトナムではライギョはポピュラーな食材であり、このほかにもライギョの煮付けなどいろいろな料理がある。
; ラウ・ゼー(Lẩu dê)(Lẩu)
: ベトナムの[[火鍋]]。ヤギ鍋、牛鍋、鶏鍋、海鮮鍋などの種類がある。
:* ラウ・ゼー(Lẩu dê) [[山羊]]肉の[[]]。専門店で食べることが出来る。山羊肉の焼き肉(乳房の肉を使うことが多い)とセットで食べることが多い。またラウ・ゼーの店では山羊の睾丸を蒸留酒に漬けた酒も提供される。
; [[チャーカーラボン]](Chả cá Lã Vọng)
: ターメリックなどに漬けたライギョを油で炒め揚げにし、ディルと青ねぎを混ぜて食べる。ブンと一緒に食べることが多い。ハノイの名物料理のひとつになっている。
; [[バロット|チュンビロン/ホビロン]](Trứng vịt lộn/Hột vịt lộn)
: 孵化前の[[アヒル]]の卵を茹でたもの<!--ベトナム特有のメニューの一つ。←フィリピンでも普通に食べられている。中国にもある-->。頂上部の殻を割り、穴を開けて中のスープを飲んだ後、そこに塩・胡椒を加えてスプーンでかき混ぜ、スクランブルエッグ状にして食べる(生えかけの羽毛やくちばしなどが混ざっていることがあるが、これは食べない)。おやつとして、路上の屋台などで売られている。
;オクニョイ(Ốc Nhồi)nhồi)
:名称は「[[タニシ]]の詰め物」という意味だが、通常は味付けしたタニシの蒸し物で、街角の屋台などで売っている。ベトナムのタニシは、日本でよく見られるものよりも大きい。
; バインザン(Bánh rán)
* [http://home.att.ne.jp/alpha/VN/cooking/ ベトナム料理図鑑]
* [http://noinieu.blogspot.com/search/label/Cooking ベトナム料理レシピ]
 
== 脚注 ==
<references />
 
{{料理}}
3,912

回編集