「オイミャコン」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる: カテゴリ変更 ca:Oymiakonca:Oimiakon)
{{Location map|Russia|float=right|width=300|label=Оймякон|lat=63.25|long=143.15|caption=オイミャコンの位置}}
[[ファイル:Klimadiagramm-Oimjakon-Russland-metrisch-deutsch.png|right|300px|thumb|'''オイミャコンの月別平均気温と平均降水量''' 1月の平均気温は-50.0℃まで下がる。年平均降水量は198mmに過ぎない]]
'''オイミャコン'''([[ロシア語]]:{{Lang|ru|Оймякон}};[[サハ語]]{{lang|sah|Өймөкөөн}}, ウイムクーン, Öymököön)は[[ロシア]]・[[サハ共和国]]の北東、[[インディギルカ川]]<!-- 帝国書院の地図帳での表記 --><!-- [[インジギルカ川]] -->の約2km西に位置する[[北極圏]]である。人口約800人。のわずかに南({{ウィキ座標度分秒|63|15|0|N|143|9|0|E|}}、つまり)に位置する[[北極圏]]のわずかに南に位置して。「世界で最も寒定住地」とされ、一年の半分以上が冬であ<ref>[http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE91I04A20130219 ロシアの「世界で最も寒い定住地」、1年の半分以上が冬] ロイター 2013年2月19日</ref>。人口約800人。標高740m。オイミャコンの周囲はインディギルカ川の準平原が広がり、川自体の流路も網の目状に迷走している。川から数km離れると浸食が進み老年期に達したなだらかな山地(丘陵地帯)が広がる。
 
[[1926年]][[1月26日]]、-71.2[[セルシウス度|℃]](-96[[華氏|℉]])の[[気温]]が記録された(ただし、この測定法には議論がある)ことでオイミャコンは北半球の[[寒極]]、「北の極寒の地」、定住地の中で最も寒い地の一つとして知られることとなった。また同時にこれは[[北半球]]の記録でもっとも寒い気温である([[南半球]]は[[南極大陸]]で記録されている)。これはシベリア大地に依って大気が大幅に冷却される事が大きく作用している。逆に夏は気温が摂氏30度を越えることもあり、夏と冬の気温差が非常に大きい地でもある。
 
オイミャコンの名前は、[[サハ語]](ヤクート語)で「不凍の水」という意味である<ref name="post_221.htm">[http://tokuhain.arukikata.co.jp/moscow/2009/11/post_221.html ロシアで最も寒い場所!?Оймякон(オイミャコン)]</ref>。これはこの地が[[永久凍土]]であるにもかかわらず、天然の[[温泉]]が近くに湧いているからであ<!-- り、これだけ過酷な環境においても定住が可能な一つの理由である。(永久凍土地帯にも人類は古くから定住しており、温泉が湧いていることは、とくに凍土地帯での生活には不可欠ではないようです。むしろ伝統的には、現在の日本のような温泉文化はなかったと考えられます。) -->る<ref name="post_221.htm" />。
凍結してしまうためオイミャコンには[[水道]]がなく(凍るため)、かつては住民が牛や馬にタンクを引かせて近くの川まで水を汲みに行っていたが、現在では給水車が各家庭に給水を行っている。そこの水源の水温は約2度と外気温よりも高いため凍ることがない
 
また付近ではを取る事もできが獲れるが、った魚は外気に触れた途端に凍りつく。冬は軒並み-50.0℃以下になるため、<!-- [[真正細菌|細菌]]や[[ウイルス]]が生存できずに死滅してしまう。そのため、細菌やウイルスによる感染症にかかることはほとんどない。(コメント:細菌は低温では死なずに、休眠するのみです。ウイルスは物質であって生物ではないので、熱変性で不活発にはなりますが、そもそも生きたり死んだりはしません。) -->[[真正細菌|細菌]][[ウイルス]]による感染症にかかることはほとんどない。
 
<!--Infobox begins-->{{Infobox Weather