メインメニューを開く

差分

吉村公三郎

24 バイト追加, 6 年前
編集の要約なし
南方戦線より[[復員]]後の[[1947年]]、没落[[華族]]を描いて新しい社会の到来を印象付けた『安城家の舞踏会』を撮り、キネマ旬報ベストワンに輝く。以後、この作品の[[脚本]]を書いた[[新藤兼人]]とのコンビで多くの名作を制作することとなる。また、[[1950年]]には、その新藤兼人と映画制作会社「[[近代映画協会]]」を設立し、作品は主に[[大映]]で配給された。[[1951年]]に『偽れる盛装』で[[毎日映画コンクール]]監督賞を受賞している。なお、この年には[[松竹大船撮影所]]に見学に来ていた[[岸惠子]]をスカウトした<ref>週刊[[AERA]] [[1994年]][[10月10日]]号 P.55</ref>。以後、[[1952年]]には監督した『[[源氏物語]]』が[[カンヌ国際映画祭]]に出品され、[[杉山公平]]が撮影賞を受賞している。精力的に作品を発表し、男女の心理描写に優れた手腕を発揮した。1956年、経営が行き詰った近代映画協会を離れ(新藤兼人の要望で名義だけは残した。昭和40年代、再び近代映協製作映画の監督を務めている)、大映に入社し、[[山本富士子]]や京マチ子を主演にした[[夜の河]]と[[夜の蝶]]の女性映画モノを、脚本家[[田中澄江]]とコンビを組み、大映時代の代表作とした。
 
[[1963年]]に[[脳出血]]、[[1972年]]に[[胃]]を全摘出するなどして体力の限界を感じ、[[田中正造]]を描いた[[1974年]]の『[[襤褸の旗]]』を最後に映画の製作から遠ざかり、テレビドラマで名前を見かけるに留まることになり、[[鬼平犯科帳 (テレビドラマ)]]で[[松本白鸚]]版[[丹波哲郎]]版[[萬屋錦之介]]版などに数本監督参加などながらシリーズに貢献、文筆業を主な仕事にする。[[1976年]]、[[紫綬褒章]]、[[1982年]]、[[勲四等]][[旭日小綬章]]を受章。[[1985年]]に[[牛原虚彦]]、[[1994年]]に[[乙羽信子]]が亡くなった際にはそれぞれ葬儀委員長を務めている<ref>朝日新聞 [[1985年]][[5月21日]] 朝刊 P.23、社会面</ref><ref>朝日新聞 [[1994年]][[12月23日]] 朝刊 P.27、社会面</ref>。[[1997年]]に妻と死別した後も随筆・寄稿や講演会出演などで健在ぶりを示していたが、2000年11月27日に急性[[心不全]]のため逝去。享年89。
 
== 主な監督作品 ==
327

回編集