メインメニューを開く

差分

吉村公三郎

12 バイト追加, 6 年前
さらに翌年、[[上原謙]]主演の戦意高揚映画『西住戦車長伝』を監督、キネマ旬報ベスト・テン2位に入る。また戦時中は[[1942年]]に『間諜未だ死せず』、[[1943年]]に『開戦の前夜』といった国策色の強い映画ながら、アメリカ映画ばりのサスペンス調の演出で人気を呼ぶ。[[1943年]]10月、撮影中に赤紙が届き、出征。軍隊では機関銃隊の小隊長として南方戦線に派遣され、のちに[[タイ王国|タイ]]の[[バンコク]]駐屯の第18方面軍司令部情報部を経て終戦時は[[辻政信]]が部長の情報部にいた。
 
南方戦線より[[復員]]後の[[1947年]]、没落[[華族]]を描いて新しい社会の到来を印象付けた『安城家の舞踏会』を撮り、キネマ旬報ベストワンに輝く。以後、この作品の[[脚本]]を書いた[[新藤兼人]]とのコンビで多くの名作を制作することとなる。また、[[1950年]]には、その新藤兼人と映画制作会社「[[近代映画協会]]」を設立し、作品は主に[[大映]]で配給された。[[1951年]]に『偽れる盛装』で[[毎日映画コンクール]]監督賞を受賞している。なお、この年には[[松竹大船撮影所]]に見学に来ていた[[岸惠子]]をスカウトした<ref>週刊[[AERA]] [[1994年]][[10月10日]]号 P.55</ref>。以後、[[1952年]]には監督した『[[源氏物語]]』が[[カンヌ国際映画祭]]に出品され、[[杉山公平]]が撮影賞を受賞している。精力的に作品を発表し、男女の心理描写に優れた手腕を発揮した。1956年、経営が行き詰った近代映画協会を離れ(新藤兼人の要望で名義だけは残した。昭和40年代、再び近代映協製作映画の監督を務めている)、大映に入社し、[[山本富士子]]や京マチ子を主演にした[[夜の河]][[夜の蝶]]の女性映画モノを脚本家[[田中澄江]]とコンビを組んで、大映時代の代表作とした。
 
===晩年===
327

回編集