「人材」の版間の差分

m (ロボットによる 除去: ru:HR (strongly connected to ja:HR))
*人在
:言われた仕事しかせずただいるだけの人のこと。
 
■「当て字」とあるように、日本語として古くからある正しい表記は「人材」であり、人材より高等なイメージをもたらす「人財」に関しては、本来の「財」の意味である『値うちのあるもの。有用な物質や金銭』から低俗な流行語であるとの批判もある。
確かに、本来は「財」が金銭を現し、「材」に『才能。また、才能のある人。』との意味がある事を考えると、間違いに近い当て字という説もある。
材:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/84521/m1u/%E6%9D%90/
人罪、人在は、一般化していない当て字であるが、意味合いは理解しやすいよく出来た
当て字である。
 
■人罪、人在は組織側の論理であり、働く側の視点からは、上司や組織風土の問題であるとの考察もある。このことから「組織の罪」=「陣罪」という新しい当て字もある。
*陣罪
:人材を人罪や人在にしてしまう上司や組織風土のこと
 
== 備考 ==
30

回編集