「渡瀬弥太郎」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''渡瀬 弥太郎'''(わたせ やたろう、[[1960年]][[10月10日]] - )は、[[北海道]][[留萌市]]出身の[[ノルディックスキー|ノルディック]][[スキージャンプ]]の元日本代表選手、スキージャンプ日本代表女子チームの監督、神戸クリニック女子ジャンプチーム監督。[[駒澤大学附属岩見沢高等学校|駒大岩見沢高校]]時代は、[[会沢仁康]]そして[[田中信一 (スキージャンプ)|田中信一]]と共に駒沢三羽トリオと呼ばれ、当時指導にあたっていた駒大岩見沢校スキー部顧問の松本や北海道岩見沢地区で若手ジャンパーを育成していた[[真所勝昭]]などにさらに才能を磨かれ、日本のジャンプ界を代表する選手となる。1990年代中盤ころよりスキージャンプの技術的な変化、用具の変化、そしてV字型の空中フォームの導入などにより長身のジャンパーが圧倒的に有利になったが、渡瀬が活躍していた[[1980年代]]は必ずしも長身選手有利という時代ではなく、小柄な渡瀬も数々の優秀な成績を残している。日本代表の[[渡瀬雄太]]([[雪印乳業]])、[[渡瀬あゆみ]]([[神戸クリニク]]ポロスキッド)は実子。
 
留萌市留萌小学校 - 留萌市立港南中学校 - [[駒澤大学附属岩見沢高等学校]] - 雪印乳業。
2,648

回編集