メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[1913年]]、[[ウプサラ大学]]所属の[[スウェーデン|スウェーデン人]]科学者 H・Z・キリン ({{lang|sw|H. Z. Kylin}}) によって発見され、[[ヒバマタ|ヒバマタ属]]の[[学名]] {{lang|la|''[[w:Genus|genus]] {{sname||Fucus}}''}} にちなんで命名された。[[1970年代]]以降盛んに研究されるようになり、{{要出典範囲|[[1996年]]の[[日本癌学会]]で[[癌|制癌]]作用が報告|date=2011年8月}}されてから[[健康]][[食品]]として注目を浴びるようになった。
 
{{要出典範囲|[[2002年]]には[[フランス]]の科学者による研究で、F-フコイダンが[[ウサギ]]の[[細胞]]の[[過形成]]を抑制することが明らかとなった。また、[[2005年]]に[[日本]]の[[慶應義塾大学]]に所属する[[医学|医学者]]・[[木崎昌弘]]らの研究により、F-フコイダンが[[ヒト|人間]]の[[悪性リンパ腫]]の細胞に[[アポトーシス]]を起こさせることが発見された。|date=2011年8月}}<br />
 
フコイダンに関する研究論文は主として培養細胞または実験動物を使った基礎研究で、人間に対する臨床的な研究はほとんど発表されていない。[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3423341/pdf/pone.0043483.pdf 癌細胞に対する効果]のほか、[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21641115 炎症反応]、[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15970637 免疫反応]、[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3164378/pdf/marinedrugs-09-01359.pdf 脂質代謝]、[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22510492 血管新生]などに対する効果が研究されているが、いずれも実験室レベルの研究であり臨床研究ではない。また、[http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22510492 ヒト臍帯血管の成長を抑制する]という培養実験結果も発表されており妊婦への悪影響も実験レベルで示唆されている。
 
しかしそれらはあくまで健康食品である。医薬品でないにもかかわらず、効能を表示していたり、インターネットでの誇大広告、一見販売とは無関係の団体をうたい、高額の製品に誘導する手口等には気をつけなければならない。これらの行為は法令違反<ref>[http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/7.html 健康の保持増進効果等の虚偽・誇大広告等の表示の禁止(健康増進法第32条の2、3)関係]</ref>である。
 
前述にあるように、フコイダンの学術的定義は「高分子多糖体」であり、低分子これは通常[[フコース]]とよばれ単糖であり、フコイダン特有の硫酸基結合された L-[[フコース]]が低分子ということは、[[自然科学|科学的]]にも[[根拠]]がなく、また低分子フコイダンの表現は学術的には存在しない。しかしながら特に健康食品の販売差別化のため、[[低分子]]フコイダン・超低分子フコイダン・[[ナノ]]フコイダンなどの[[エビデンス]]に基づいた[[化学式]]や[[分子構造]]・[[分子量]]が明確に表示されず、販売目的で多様な表現が使われている現状が存在する。
 
== 研究 ==
 
一方、フコイダンはメカブなどの[[褐藻類]]から抽出されるが、褐藻類に多く含まれる[[ヨード]]にも[[アポトーシス]]誘導による抗[[ガン]]作用があることが報告されており<ref>Zhang L, Sharma S, Zhu LX, et al. Nonradioactive iodide effectively induces apoptosis in genetically modified lung cancer cells.Cancer Res. 2003;63:5065-5072.</ref>、フコイダンの作用とされる抗ガン作用は抽出時に混入したヨードの作用である可能性も残る。<br />
さらに、褐藻類の赤褐色した[[色素]]である[[フコキサンチン]]の研究が各大学研究所などで行われている。フコキサンチンは[[低分子]]成分であり、フコキサンチンの[[アポトーシス]]誘導による抗[[ガン]]作用<ref>{{cite journal | author = Masashi Hosokawa, Masahiro Kudo, Hayato Maeda, Hiroyuki Kohno, Takuji Tanaka, Kazuo Miyashita | title = Fucoxanthin induces apoptosis and enhances the antiproliferative effect of the PPARγ ligand, troglitazone, on colon cancer cells. | journal = Biochim Biophys Acta | year = 2004 | volume = 1675 | issue = 1-3 | pages = 113-119}} PMID 15535974</ref>や[[悪性腫瘍|腫瘍細胞]]の[[細胞周期|細胞周期]]G1期停止<ref>{{cite journal | author = Satomi Yoshiko and Nishino Hoyoku | title = Fucoxanthin, a Natural Carotenoid, Induces G1 Arrest and GADD45 Gene Expression in Human Cancer Cells. | journal = In vivo | year = 2007 | volume = 21 | issue = 2 | pages = 305-309}} PMID 17436581</ref>など数多くの報告がされている。<br />フコイダンによる免疫賦活作用の報告はあるが、フコイダンの[[アポトーシス|アポトーシス誘導]]による抗腫瘍作用の報告は明確ではない。アポトーシス誘導においては、[[カスパーゼ]]という細胞にアポトーシスを起こさせる[[シグナル伝達|シグナル伝達経路]]を構成する一群の[[システインプロテアーゼ]]が関与しており、細胞内の他の[[タンパク質]]を[[分解]]してアポトーシスを起こさせる[[カスパーゼ|カスパーゼ-3]]の活性化が必要不可欠である。カスパーゼ-3の活性化によるアポトーシス誘導(抗腫瘍・抗がん作用)においては、フコイダンではなく低分子成分である[[フコキサンチン]]の文献に多く報告されている。
 
==脚注==