「上山珊瑚」の版間の差分

編集の要約なし
 
==略歴==
1900年に[[麹町]]に、[[鉱物学者]]の守一の娘として生まれる。[[東京女学館]]へ通うが、父の事業不振のため、[[大阪]]のプール女学院に転校後、中退<ref>[http://ci.nii.ac.jp/els/110001045532.pdf?id=ART0001210506&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1361462727&cp= 「上山草人年譜稿(三) : 谷崎潤一郎との交友を中心に」細江光]</ref>。姉・千枝子(山川浦路)が上山草人と結婚したつながりから、近代劇協会が上演した舞台『ヴェニスの商人』などに出演。草人の友人だった[[谷崎潤一郎]]の紹介で1920年[[大正活映]]に入社。[[葉山三千子]]主演の『アマチュア倶楽部』に出演。谷崎潤一郎脚本映画『[[月の囁き]]』に主演予定だったが企画が頓挫。代わりに、[[泉鏡花]]原作、谷崎脚色、[[トーマス栗原]]監督の『葛飾砂子』に主演<ref>日本映画人名事典女優篇下巻(キネマ旬報社)</ref><ref>[http://www5f.biglobe.ne.jp/~st_octopus/MOVIE/SILENT/30Tanizaki.htm 「文豪の映画礼讃~谷崎潤一郎の映画製作~」OCTOPUS映画史探訪]</ref>。病気のため女優を引退し、谷崎の媒酌で[[沼津]]の粉末石鹸工場経営者と結婚するもほどなく離婚<ref>[https://konan-wu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=808&item_no=1&page_id=13&block_id=17 「上山草人年譜稿3 : 谷崎潤一郎との交友を中心に」細江光]</ref>。舞台の端役でなんとか食いつないでいたが、体調が好転しないまま、1927年に咽頭癌で死亡<ref>[https://konan-wu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=825&item_no=1&page_id=13&block_id=17 「上山草人年譜稿4 : 谷崎潤一郎との交友を中心に」細江光]</ref>。
 
 
==出演作==