「小原鑑元」の版間の差分

編集の要約なし
'''小原 鑑元'''(おばら あきもと、生年不詳 - [[弘治 (日本)|弘治]]2年[[5月8日 (旧暦)|5月8日]]([[1556年]][[6月15日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[大友氏]]の家臣。通称、神五郎、四郎左衛門尉、遠江守、遠江入道宗惟。[[小原右並]](すけなみ、[[大友義右]]の代からの家臣と思われる)の子。[[阿南氏]]の庶流で阿南荘小原(現大分県[[由布市]])を本貫とする。初めは[[大友義鑑]]に仕え、その[[偏諱]]を賜って'''鑑元'''と名乗る。
 
[[天文 (元号)|天文]]19年([[1550年]])[[二階崩れの変]]の際[[大友義鑑]]の遺書に[[雄城治景]]・[[吉岡長増]]・[[田北鑑生]]・[[臼杵鑑続]]・[[志賀親守]]とともに連署。以後は[[大友義鎮]]の加判衆(家老)となる。同年、この大友家の混乱に乗じて[[隈本城]]に入った[[菊池義武]]を[[佐伯惟教]]らとともに攻め[[肥後国]]を平定した。天文20年([[1551年]])[[南関城]]に入り肥後方分となる。
 
しかし、弘治2年(1556年)5月、大友家中の他紋衆(大友氏が[[豊後国]]へ来る以前からここに領地を持って住んでいた武家)を糾合し、大友庶家である同紋衆の重用政策に反対して挙兵。同紋衆と他紋衆の反目は大友家中に以前から有り、あえて義鑑は加判衆の半数を他紋衆から選ぶように遺言していた。しかし義鎮は同紋衆を重用し、鑑元は肥後平定後加判衆から外されていた。
匿名利用者