「付き馬」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''付き馬'''(つきうま)は、[[古典落語]]の演目の一つ。原話は[[元禄]]5年([[1692年]])に出版された[[笑話本]]・「噺かのこ」の第四巻、「薬屋にて人参を騙りし事」。
 
別題は「早桶屋」。『廓話』の一つであり、その構成から『泥棒噺』の要素も兼ねている。主な演者として、には[[三笑亭可楽#8代目|8代目三笑亭可楽]][[古今亭志ん生 (5代目)|5代目古今亭志ん生]]、[[春風亭柳朝 (5代目)|5代目春風亭柳朝]]、[[立川談志|7代目立川談志]]などがいる
 
== あらすじ ==
匿名利用者